FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エソテリック・ヒーリングご感想〜思考が止まり、無の状態へ

エソテリック・ヒーリング(秘教治療)のご感想をいただきました。

以前からバイオダイナミクス・オステオパシー/クレニオワークを受けていただいてましたが、今回はエソテリックヒーリングを集中して計6回連続で受けていただきました。


A.Kさん(66歳・女性)主婦・ヨガと太極拳の教師


受ける前の状態

何かチェンジする時だ!と思っていました。
何?と問われれば言葉で表すことは出来ないのですが・・・
そんな時、貴代さんがエソテリック・ヒーリングをやり始めたと聞き、即応募。(思い立ったが吉日)

セッション中に起こったこと・体験したこと

足が急に暖かくなったり、「あっ、今身体の力が抜けた」と分かりました。

不思議な感覚でした。

思考が止まり、無の状態と言えばいいのでしょうか、
エネルギーに包まれて、満たされ、落ち着いていく自分を視ていました。


セッションが終わった直後の状態・感覚

帰り道は、足取りが軽くなっていました。
多分、身体全体が軽くなっていたのだと思います。
家でよく瞑想をしますが、なにか物足りなく、これが理想の瞑想状態ではないかと感じました。身体も、心も、充電される感じです。


セッションが終わって

すべてはエネルギーで繋がっていると思いました。
6回のセッションに通っている間に、たまたま別のところでヒーリングのトレーニングを受けたことで相乗効果もあったのか、自分の身体が発光体のように感じ『 宇宙は波動で出来ている 』という言葉もスンナリ入ってきます。

セッションして下さった貴代さんに感謝です。

また、ここまで導いて下さった方々、目には見えない沢山の霊(スピリット)にも感謝します。感情に揺れることがあっても、自分を信じて、力強く生きて行きます!!

グッドタイミングで受けることが出来たと思っています。
ありがとうございました。

cosmos_resonance.jpg



AKさんはとても素敵な感性をお持ちの方で、毎回お会いするたびに、エネルギーに満ち溢れた安定感を増していかれていました。

セッションに同席させていただいたことに感謝いたします


エソテリック・ヒーリング臨床モニター募集中です。



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| エソテリック・ヒーリング感想 | 16:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バイオダイナミクス体験談(6)

過去にいただいた体験談ですが、ブログで紹介していなかった分をぼちぼちと公開しています。


�΂��BY.Y さま(吹田市在住)52歳・女性 グラフィックデザイナー

(受ける前の状態)
肩こりや頭痛、めまいが頻繁にあり、疲れやすい。
自分のからだが重く、遠くにあるように感じ、なんとなくバランスがとれていない。

バイオダイナミクスは、ロルフィング10シリーズの間に、計5回、受けられました。





● バイオダイナミクスを受けたご感想や体験

最初のセッション中は、心地よく、温かさを感じたり、からだの一部がピリピリ反応したりしていました。

セッション直後は、ぼぅ~っとした心地よさあったのですが、その日の夜は、ふとした時に過去の感情がよみがえったりしました。

出し切れていなかった悲しい記憶の涙が出た感じで、セッションが自分の中の深いところに継続的に作用していることに驚きました。

その後しばらく、すごく鮮明でリアルな夢を見ることが続きました。

回数を重ねると、セッションの間カラフルな光を感じたり胸の辺りからたくさんの光が溢れだしたり、時間の観念がなくなったりしてきました。

自分のいる建物から出て、外の道の上から見下ろしている感覚もありました。 

まるで、からだも一緒にメディテーション(瞑想)をしているという印象です。



● バイオダイナミクスを複数回、連続して受けてみて
回数を重ねたことによる変化や、初回の感覚から変化したことは?



指先で微かに触れらているだけの静かな時間なのに、上に書いたように、からだと頭の中でいろいろな変化を感じました。

めまいもなくなり、眠りの質も良くなった気がします。

回を重ねるごとに、深いところにアクセスしていくのがとても面白くて楽しみでした。




Yさんのロルフィング体験談はこちらです。
http://easeofbeing.jp/voice.html#voice26




大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| クレニオ体験談 | 06:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エソテリック・ヒーリングご感想 〜犠牲的に働いてしまう自分から抜け出す

エソテリック・ヒーリング(秘教治療)のご感想です。


ご感想を書いてくださったのは、
4年前にわたしのロルフィング10シリーズを受けてくださった、セラピストの中野さん


今回はご自身の中での転換期を迎えている事を感じ、
自分へのケアとして、変化が見られるまでに計5回、通ってくださいました。


途中経過は、ご自身のブログでもエソテリック・ヒーリング体験を振り返っておられますが、時系列を判りやすくするために、最後のセッションを受け終えたあと私にお送りいただいた感想文に、ブログの内容を差し込んでご紹介します。


※ 個人の感想です。エソテリック・ヒーリングの体験は人によって異なります。


また、体験したことを言語化したり、感想文として公開する行為については、私自身の中でいろいろ思うところがあるのですがまた別の記事にしてまとめたいなぁ~と思っています。

ひとまずは、感想文をどうぞ


エソテリック・ヒーリングのご感想
(セラピスト中野さま・女性)

エソテリック・ヒーリングを5回終えて、変化を感じてみました。

宮本先生は、肉体の疲れはもちろん、エネルギー的な目に見えない領域を整えてくださいます。

受けようと思った動機・きっかけ

エソテリック・ヒーリングを受けたきっかけは、
具体的には、身体の右側に偏ってる不調を感じていたため。


まず1回目を受けた時に先生に伝えたのが、
身体の右側半分がいつも痛くて、小学校の時から捻挫や骨折は右手、右足。

最近では、内臓なのか、右脇腹の後ろ辺りに痛みを感じているということ。


で、感覚的には、右側がとても頑張っていて、
それは自分の父ととても似ていて、
人のお役に立つためにいつも頑張っている。
そんな姿と自分の右側が似てた。

そこから、ヒーリングの必要性を感じて、エソテリック・ヒーリングを受けました。


1回目から2回目の間

自分の中で右半身にいつも疲れがあって感覚的に遺伝的ななものだと確信するところがあったので、意識的に変化を感じてみました。

いつものセッションだと、自分の中で見つかった課題に取り組むことは、ヘビーだったりするのですが、変化はとてもスムーズに移行していきました。
(宮本補足:こういうワークを沢山受け慣れておられる方ならではのコメントかも知れません)


1~3回目のあと

普段からアルコールが好きで毎晩飲む方なのですが、1回目受けてからはまったく飲まなくなって、
いつもの晩酌も、熱いお茶を飲む習慣に変わりました。

そのおかげもあって、
2回目のエソテリックを受ける時には右側の違和感がマシになってました。

で、2回目から1週間くらい空いた3回目のあとは、アルコールを飲む日もあるけども、健康な感じ。

その間、いろんな人に接する機会があったけど、人の話や表情に変に反応する事もなく、ナチュラルに過ごせました。雰囲気としては、刺激がなくても、毎日の当たり前の日常にくつろいで、リラックスしてる感じでした。

「今」にくつろげるようになってます。


3回目以降~

言葉ではうまく表現できないのですが、
軽さが増して、
あらゆる状況に愛と感謝が起こる感じ


4~5回目のあと

後半の2回を受けたあとは、
右側の不調よりも、日々の出来事の中にステキな発見があり、楽しいことに目が行くようになりました。


ーーー そのステキな発見とは、

「とても疲れていても、
 犠牲的に働いてしまう自分」

から抜け出しているということ。


いつもなら疲れてしまうような環境に行っても(変に気を使ったり、笑顔でいたり、話を盛り上げたりなど)、疲れることがなく、ナチュラルに過ごすことが出来ているのが自分でも驚きでした。


計5回を終えてみて


今、自分がどう過ごしたいのかを感じて、やりたいことがやれる。

それを自分に許していることで、少し頑固さや、頑張り屋さんがぬけてきたのかぁ。と感じます。


宮本先生。ステキなヒーリングをありがとうございました


--------------
中野さんのブログ
エソテリック・ヒーリング5回受けてスッキリ♫
http://ameblo.jp/y-plus-s/entry-12106595615.html



中野さんのご感想を拝見して、

今、起きている変化をゆっくり観察しようとするスペース(遊び、すきま)をお持ちでいらっしゃるのが印象に残りました。


セラピストや治療家など、健康に携わることをしている人は、職業柄もあって、自分がケアを受ける側のときにも、身体のことがわかるが故に、つい変化を詳しく分析したくなる…という傾向があったりします。。

私自身も、その傾向が出てくることがあるのですが…

それは、本来自然にしていれば引き出せるはずの変化の可能性を目減りさせてしまうことがあります。

なので、変化を受け入れるためには、適度な「すきま」、スペースが必要です。

もちろん肉体の痛みを取る目的で取りかかる場合は、きっちり分析したりする視点が大切になってくる場合もあります(そして、時には西洋医学のお世話になる必要もあるかも知れません)。

しかし、外面(構造的)な問題が、内面の状態と関係していそうな場合には、

「その人の症状や部位ではなく、全体として健やかな状態」

であることが大前提で、細かい部分の症状改善への働きかけがうまく行きやすいです。

繊細なワークや、目に見えないエネルギーを扱うワークになるほど、
施術者側も、受け手であるクライアント側の人為的な意図や思惑を超えたところからのサポートがやってきますから、私達の分析的な傾向は、少しの間、横に置いてから取りかかる方が、ポジティブな作用を生み出しやすいということもあるのではないでしょうか。


最後の方は、ブログテーマから外れた内容になってしまいましたが…


私自身も、自分が疲れている時には他のボディワークのお仲間からメンテナンスを受ける機会はあるのですが、これはもっと見習わなくては!…と自分に振り返るきっかけになりました。


エソテリック・ヒーリング臨床モニター募集中です。
nakanosan.jpg
中野さんに見ていただいた時のオーラソーマ達。

| エソテリック・ヒーリング感想 | 08:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お子さんのロルフィング体験談 (10)〜空手の県大会で優勝

小学3年生によるロルフィング体験談です♪

過日、高校時代の同級生の息子さんへの単発ロルフィングをさせていただきました。

shinnosuke150330-400.jpg


最近、昔の同級生や同僚たちにセッションをさせていただく機会が多く、久しぶりの再会のタイミングでそういう風にお手伝いさせてもらえてよかったです。

お子さんに感想文を書いてもらったのは初めてです。
顔出し快諾の上で公開させていただきます。


http://ameblo.jp/m-shin2005/entry-12008931824.html


タイトル:ロルフィング

大阪の中崎町にある、ロルフィング という体のゆがみを整えてくれる
お母さんの友達のところに行きました。

理由は、空手の先生に「体曲がってるんじゃないか」と
言われたので行きました。

体が曲がっていると言われたけど
僕は「うそーん!?」と思いました。

早速やってもらうと、ほとんど何も感じなかったけど
ところどころちょっと痛かったです。

先生は、痛いと思えば痛いし、痛く無いと思えば痛くないと言うので
「痛くない」と思ったら、痛くなくなりました。

意外な方法でした

途中、上半身と右足だけ終わった時点で
「立ってみて」と言われたので、立ってみたら
フラフラして、まともに立てませんでした。

それだけ体のバランスが悪い事に気がついて無かったようです。

全部終わった後は、スッキリしました。


僕が行ったロルフィングって何?って人は↓

ease of being


【今日の格言・ことわざ】
 
 病は気から


おしまい






今どきの小学3年生って、ブログに写真をアップしたり、リンク貼ったりも自分で出来るって、PCリテラシーの高さはすごいですね〜 文章表現も上手で、最後の格言が妙には染み入りました(笑)

ちなみに、感想では「痛かった〜」とありますが、タッチとしてはごく柔らかいタッチの軽さでした〜と補足しておきます(^_^)

セッションの直後から「いつもよりスイスイ歩けて、身体が軽くなった」という感想で帰宅したとお母さんから聞いてはいましたが、彼のブログ感想文を拝見すると、彼にとって印象に残っていたのは、身体の変化に加え、意外にも「痛みの捉え方」だったいうことが、逆に私の方が印象的でした(^-^)


子どもさんにとっての、この時期は、毎日の出来事や遭遇することの1つ1つが濃い体験として印象に残り、大人になるにつれて心身の形成基盤となる大切な成長期です。


だからこそ、身体の土台作りと並行して、物事の捉え方や五感でどう感じるか?といった、感覚のバリエーションを増やすためのサポートは、ご家族の理解やそれができる環境が許せるなら、どんどん体験させてあげたいものです。


今回は、そういった事をお手伝いできて良かったな、と思います。


また、大人のセッションでもそうですが、お子さんとのセッションでは、緊張箇所を調整するというよりも、特に、本来備わっている伸びやかな感覚を(更に)引き出すという方向性で進めることに重きを置いています。


その方がスムーズで、より自然な変化を引き出し、本人が気づいていなくても、のちのちの効果が高いように思います。



その後、彼からはお母さんを通じて、夏の空手大会で県代表に選ばれたという報告がありました!


これでますます空手と陸上競技にも磨きがかかりますように



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| ロルフィング体験談 | 02:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マラソンの記録を更新!〜ロルフィング体験談(11)

特別プログラムを受け終えたTさんからご感想をいただきました。

Tさんは、健康への取り組みの一貫としてマラソンを(毎日ではないけど)ほぼ日課のように練習し、定期的にマラソン大会にも出場されています。

Tさんとの特別プログラムでは、マラソンに記録を伸ばすための対策は特別していませんでしたが、セッションの進行と共に徐々に走り方のフォームが自然に変化し、結果として、マラソン大会でのタイムを40分も更新されたそうです

肉体機能の向上に伴って、二次的効果として、自分の身体感覚(存在)への気づきも深まっておられるところに注目です。筋骨格系のバランスだけでなく、五感のコーディネート能力の向上も大切ということです。


ロルフィングの体験談では、しばしば心理的や意識の側面での変化を報告されるケースは多いですが、セッションにおいては、あくまでも身体の構造や生理機能に働きかけており、意図的に心理面に働きかけるワークはしていません。

(私のセッションでは、ボディイメージや身体への意識の向け方についてのお話やエクササイズはよくします。)



これを書いていてふと思ったこと。

ロルフィングを説明するとき、よく

「身体への再教育」

と表現しますが、

私達が「身体に教育を施す」というよりも、変化した身体から気づかされる(教えてもらう)事の方がはるかに多いことを思えば、正しくは、

「身体からの再教育」

と表現するのが適切なのではないかと思う近頃です





<特別プログラムのご感想>
※ ロルフィング+クレニオなど補完ワークのちゃんぽんコース

TS さん(女性・37歳)事務



【ロルフィングについて】

●あなたにとって、ロルフィングとはどういうものになりましたか。
 この地に生まれたことを受け入れること

● ロルフィングを受けようとおもった動機
 普段気が付くと体を固めていることが多かったし、寝ているときは歯ぎしりをしていました。

今までは、無意識に入ってしまう力を抜こうと心理面からアプローチしてばかりでしたが、ダイレクトに体に働きかけてみようと思い立ちました。


● 受ける前と受けた後で、身体の症状や状態、はどのように変わりましたか。また内面的(心面)での変化はありましたか。

以前は、マラソンで練習量が増えると股関節や腰が痛くなることが度々でした。セッション中に「腹筋はうわべの薄い筋肉」と聞いたので、これまでやっていた腹筋運動をやめてみました。特に他に新しいトレーニングをした訳ではないけれど、最近の大会ではタイムを40分ほど記録更新しました。より奥の筋肉が動き始めて、楽に走れるようになったのかもしれません。

●ロルフィングを受けたご感想や体験
今まで意識したことのない筋肉を動かすのが、新鮮な感覚でした。


【クレニオセイクラルについて】
● クレニオを受けたご感想や体験

体内の細胞が大移動しているような、ざわざわした感覚・うねりが感じられました。エネルギーの循環を促してもらって、細胞が目指すべき場所に向かって動き出すのかなと思います。





その他のロルフィングやクレニオの体験談は、こちらからもご覧になれます。
http://easeofbeing.jp/voice.html


大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| ロルフィング体験談 | 03:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロルフィング、クレニオ体験談(10)

1年の締めくくりとして、大晦日の日にクライアント様から体験談をいただきました。

Wさんは、1年半以上前に特別プログラム(ロルフィング10回+クレニオ他の補完ワーク6回)を受け、心身ともに大きく変わられました。ロルフィングをきっかけに、自分のよりよい人生のために自ら動くことに気づかれて、現在はボディワーカーを目指して精力的に勉強を始められています。

私達はみんな、

『本質的な部分で心身どちらもが癒される』
(=すべてが健全な状態に向かい続ける)


ことを望み、健康に関する色々な取り組みをしている訳ですが、こちらのクライアントさんは、

『症状や状態がどう変わったか』というよりも、

『自分から見える世界が変わることをゆるす』
『自分の今の症状や状態をゆるす』


という事が、よりよい自分になるための近道であることに気づかれたようです。NICE
感想文では、具体的にどんな症状がどうなった…などは書かれていませんが実際には多くの不調が改善されています。その事を事細かに書くよりも、体験から得られた「健全の本質」を述べられている事に注目です (^-^)

ロルフィングを受け終えてすぐに引っ越しをされ、頻繁にメンテナンスに来れないでいましたが、先日、1年半ぶりにセッションを受けにこられました。10シリーズ直後よりもずっと安定感のある身体になっておられて、ロルフィングで得た体験を活用してくださっていた事にとても嬉しくなりました。





<特別プログラム(ロルフィング+クレニオ系補完ワークのちゃんぽん)のご感想>

Wacca さん(女性・25歳)現在はボディワーカー勉強中

●あなたにとって、ロルフィングとはどういうものですか?
 自分にもどる、とっかかり、手がかり

● ロルフィングで得たものは何ですか?
 変容のじっくりしたプロセスそのもの

● ロルフィングを受ける前と受けた後で、身体の症状や状態はどのように変わりましたか。

からだが変わるということは、見える世界が変わるということで、私にとっては、からだが変わることをゆるす、つまり見える世界が変わることをゆるす、という体験が、自分の今の症状や状態をゆるす、ということそのものにつながったと思います。症状や状態がどう変わったかというよりも、いつも変化しつづける自分を、受け容れる、みとめる、だけ。

● 身体の変化によって内面的な変化はありましたか?
からだが変わって、心が変わらないということは、ないと思います。 からだは、最後に変わるものなので。

● (ロルフィング10シリーズを終えてから暫く経っている方へ)
 10シリーズを受け終えて暫く経った現在の様子をお聞かせください。

ロルフィング受けて1年半以上が経ちます。 自分もボディワークを学びながら、日々、変容をたのしんでいます。 その基盤を、ロルフィングの体験からいただいたと思っています。

【特別プログラムについて】
● ロルフィング10シリーズの合間にクレニオなどの補完ワークを併用されたことは、あなたの助けになりましたか?

とても!
ロルフィングをはじめたとき、私は心もからだもがちがちだったので、合間にクレニオを受けながらでないと、これだけの変化をすることをゆるせなかったと思います。

【クレニオセイクラルについて】

● クレニオを受けたご感想や体験

静かになると、からだは、流れ出すようです。
瞑想をしていると、クレニオとおなじことが、起こっているかんじがしますが、人の手にそれを助けてもらえる、自分ひとりでは行けないところに連れていってもらえる…こんな贅沢でありがたいことってないわ、と感じます。

● (複数回のクレニオを連続して受けられた方へ) 回数を重ねたことによる変化はありましたか?

深まっていくと感じます。
感じられることが、細かくなっていく。
それを言葉で言うことは、むずかしいし、もったいないというか。


【その他、何かあれば 】

ロルフィング、クレニオ、いいですよー。
次にセッションを受ける日をたのしみにしています。 たくさんの変化をありがとうございます。





その他のロルフィングやクレニオの体験談は、こちらからもご覧になれます。
http://easeofbeing.jp/voice.html


大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| ロルフィング体験談 | 22:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クレニオセイクラルは瞑想に似ている 〜 クレニオ体験談(5)

ロルファー仲間の稲員奈津子さんが私から受けたクレニオセイクラルを体験談にしてくださったときの記事をご紹介します。

ロルファーって、ロルファーになるまでに既にロルフィングを何度となく受けているため、身体の緊張や歪みも、この手のボディワークを受けたことがない人と比べると、大方のパーツがスッキリ&テコ入れが済んだ状態なので、たった1回のセッションでも案配よく深い領域での変化を見せてくれるという傾向があります。

クレニオは瞑想と似ている | カラダの倍音blog
http://blog.rolfing.namaste.jp/?eid=159



さて、この絵はいったい何をさしているのでしょうか!?(笑)

| クレニオ体験談 | 23:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マッサージや矯正とは何か違う

ロルファー仲間なつこさんのクライアントさんの体験談がとてもツボにはまりましたのでご紹介させていただきます。

ロルフィングって、何にも知らなくても、「身体で感じる」がよくわからんわ〜(^_^)な感じのままに受けていただいても、それなりに変容します。

それでももちろんオッケーなんですが、この方のような気づきがあるとないでは、受けた後にも残る変化の余韻の段階では、身体への気づきに対する奥行き感がひと味違ってくる結果になりやすい傾向があることは確かです。

(ロルファーなつこさんのブログ)
http://rolfing.namaste.jp/client17.html
『ロルフィングには、今まで僕が体験してきたマッサージや矯正などとは明らかに一線を越えているなと思う部分があります。』




| ロルフィング体験談 | 14:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT