FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

植物の同伴者(2)

2つ目の同伴者は、「キキョウさん」です。

桔梗の凛(りん)とした立ち姿、星のような形に広がる花は、子供の頃から大好きでした。

kikyo2.jpg  kikyo.jpg


キキョウ科の種類の植物(りんどうなど)は何でも好きなのですが、やはり基本はこの紫のキキョウさんでしょう!と思い、これも近所の植木屋では純正の品種が見つからず、園芸マニアの通販で購入しました。


園芸ショップも商売が上手いもので、純正の品種だけの販売をせず、後から開発されてきた変わり種(ビンクや白色、花びらがフリルのようになっている品種、売れ残っているもの)などと一緒に「10本苗セット」として販売するのです。在庫処分品的な扱いです。私が欲しかったのは、ベーシックな品種だけなのに。
このように、先にご紹介した「キボウシくん」と同じ時期に家にやってきました。

この「キキョウさん」、まさに日本の風土には合っていて、何も手間がかからない。万が一園芸用の土に植えなくても、普通の道ばたの土に植えても、十分に適応できる性質を持っていると思います(最近ではそうとも言えない)。これこそ、”オーガニック” だと言えるのではないかとも思います。有機肥料を人工的に与えないと大きな花を咲かせないバラとは大違いです。

ただ今回の引っ越しで「キキョウさん」も多少のストレスを受けているようでした。実家ではとっても風通しの良すぎる所にいたので、今のマンションのベランダでは、花芽が膨らんできたなと思ったら、なんとそのつぼみの一部が溶けてきたのです。 環境の変化が極端だったのでしょうか。

日焼けでもなさそうで、もしかしたら、水道水の塩素がキツすぎるかと思い、最近はこの子にもブリタで濾過した水をあげています。降雨があるなら、そっちの方がより自然なのかも知れません。

そのせいか、今月の咲かせた花は例年よりも小ぶりで、色も薄いままでした。
とにかく早くここの環境に馴染んで欲しいです。

関連記事
スポンサーサイト

| 「緑」いきる | 02:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。