FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

歯医者でOリング

今日は数年ぶりに歯医者に行きました。

Oリングテスト(正確には 、Bi-Digital O-Ring Testと言います)を使って、身体に合った歯科材料で治療をしてくれる歯医者さんです。




久しぶりに治療を再開し、今日はまた1つ、身体に合わない重金属を撤去してもらったので、まるでロルフィングを受けた後のように、身体(特に首・肩の奥のほう)が軽いのです。
2年ほど前に両目にレーシック手術を受け、その時も同じことを感じました。


こういう軽さを感じると、
ほんと、身体っておもろいわぁ~
と実感します。


きっと、私が経験したロルフィングも、両目のレーシックで視力回復した後や、歯の詰め物変更などの処置をした上で受けていたら、もっと違った体験になっただろうな、といつも思います。


---------∞☆∞------------

その歯医者さんへは、ちょうど私自身がロルフィングを受け終わったころに、当時のアロマセラピスト仲間からの紹介で通い始めました。

歯の詰め物を替えるだけで、頭痛や肩コリ、アトピーが軽減されるというのです。
妊婦さんに至っては、おなかの赤ちゃんのアレルギー体質にも関係していることもあるとのこと。

  ↑ ↑ ↑
もちろん、身体の不調の原因とは、必ずしも1つに絞られるものではありませんので、ロルフィングをやっている人間から見れば、他のことが原因だと推測するかも知れないし、他の職業の専門家なら、また別の見方をすることもあるでしょう。でも実際には、1つの結果はいろんな原因が複合形なのだ、と私は思います。




まだ成人する前に詰めこんだ過去の金属の詰め物がアマルガムという、水銀を含んだ金属だったということが判りました。それまで、知識としてそういったことは知っていたのだけど、身体がそれに気づくようになってくると、どうにも無視する訳には行かなくなってきたのです。


私自身は、もともとOリングテストをしなくても、外的物質に敏感で、アトピー体質もあることや、ロルフィングを受けて以降、ますますその感度を上げていたから、初診時は、歯科医にOリングをしてもらわなくても、触れた瞬間になんとなく材質との相性がわかりました。そして思った通り、私の身体が選んだ材質は、一番値段の高い材質でした。(自費治療だから仕方ないけど)

Oリングテストの原理は、ロルフィングで扱う筋膜の性質とも共通点があり、私にとっては何も目新しい感じはしない診断法でした。
しかし、アロマをやっていた時も、素人ながらOリングで精油を選んでいた時期もあったにも関わらず、「それは私の思い込みではないのか!?」という疑念がほんの少しありました。

そんな頃に今の歯科医を知ったので、ここで本格的なOリングを体験させていただいた時は、私自身のロルフィング体験を通じて漠然と感じていた身体の変化に対して、それが実に納得のいくものだったことを確信させられるキッカケとなったのを記憶しています。


それにしても・・・
快適さを追求すればするほど、
財布に痛い、私のからだ(笑)


歯の詰め物を替えることが身体に良い事だと判っていても、ロルフィングの勉強ももっとしたいし、他にも優先したいこともあるし、時間もお金も有意義に使いたいわで、ぼちぼち治療を進めています。


今回の治療では、毎日同じ位置で頑張ってきた奥歯さんにとっては、えらいショックになってるかもしれないし、少なからず噛み合せにと姿勢に影響するでしょうから、治療が落ち着いたら、ロルファー仲間からクレニオセイクラルを受けて、頭部に休息を与えてあげようと思っています。




最近、私のセッションルームでも、クレニオセイクラルワークを始めました。


クレニオセイクラルは、このような方におすすめです。
  ・慢性的な疲労感がある。
  ・精神的ストレスが強い。
  ・常に緊張があり、夜はよく眠れない。
  ・頭・首周辺が重く感じる。
  ・眼精疲労が強い。
  ・病後や術後・事故の衝撃で身体エネルギーが落ちた気がする。
  ・抜歯をしたらその後、頭痛や肩コリがふえた。



ご興味ある方は是非お試し下さい★

関連記事
スポンサーサイト



| クレニオセイクラル | 22:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT