PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エソテリック研修(パート3)から帰ってきました。

約2週間ほど休暇をいただき、エソテリック・ヒーリング研修の運営スタッフ兼生徒として、熱海と富士山麓の精進湖に滞在しておりました。

Judy先生はVivaxisの最後の指導者でもあるため、本題のヒーリングワークのお勉強の他にも、バイブアクシスの実習も沢山教えていただきました。おそらく日本の人達に紹介されるのはこれが初めてかと思います。条件つきの自然環境の中でしかできない事ばかりで、日本ではなかなかそのような条件を満たす土地が少ないのが難点ではありましたが、とても有意義な時間でした。

※ Vivaxis(バイブアクシス)はまだまだ不勉強な私には英語の参考文献も読み終えていないのでうまく説明できませんが、地球のミネラルや元素のエネルギーと人間の生命エネルギー(具体的にはエーテル体)との結びつきを再結合・強化させる研究分野のことです。

炭を使ったエーテル浄化は、梅田のワークルームでも不調の原因に電磁波の害が含まれていそうなクライアントさんに提供させていただいておりましたが、やはり電磁波が錯綜する都会(かつ、マンションの一室)でやるのと、大自然の電波の干渉が少ない土の上でやるのでは、身体への効果には雲泥の差がありました。

先生は、日本の住環境は(お世辞にも)暮らしやすいとは言えない要因ばかりだけど、だからこそVixaxisを役に立ててもらえれば…とおっしゃっていました。

さて、どこまで実践していけるかが私達にとっての課題です。

IMG_7985_wide-s.jpg

研修会場のホテルからは目の前にいつもこの光景!
さすが富士山!


メインのエソテリックの学習の方も、パート3まで来ると奥が深まってきて、今までよりも更に精妙なエネルギーに触れている感覚が冴えてきたように思います。また、それらを扱うための訓練もみっちり練習。

講義は「死のプロセス」を筆頭に、自分の光線タイプが第○光線であるかを分析する作業を、40年の講師歴のジュディ先生のガイドの元で確認していくこともしました。ジュディ先生は、日本の生徒との間には常に言語の壁があるにもかかわらず、とてもよく一人一人のことを見ていらっしゃることに感心しました。

初めての光線分析のメンターについていただく人がジュディ先生で良かったと思います。

余計な回り道をせずに(実際にはここまで来るのに沢山の勉強と実践を積む必要があった訳ですが・笑)、素晴らしいメンターに出会えたことに心から感謝をした研修ウィークでした。



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


関連記事
スポンサーサイト

| エネルギーワーク | 04:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。