PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハイヒールが全身に与える影響

ハイヒールが全身に与える悪影響について、わかりやすい動画をシェアします。




タバコの害を強く訴える広告と同じくらい、ここまでシリアスな演出効果と共に、ヒール靴の害を訴えられると強く印象に残りますね (^_^)


高いヒールは履かない方が良いと判っていても、まぁ多少のオシャレはしたいというのが人の気持ちってもんで、そこは自分の身体と相談すればいいと思います。(※ 大きな制限や故障歴がない人に限る)

1日履いたら帰宅後しっかりメンテナンスをし、たまに履くときでも、全身にダメージを受ける度を軽減すべく、普段から全身のレスポンスを高めておく(身体を整えておく)など、着飾ることを楽しみたいなら、それなりの準備やコンディショニングは大切かと思います。

とはいえ、足腰に大きな制限や故障の影響がある人は、日常生活の中でも、足腰のサポートに関わる物(靴や椅子、着衣も含め)は、やっぱり慎重に選んだ方がいいと思います。

そういう時は、オシャレ心は脇に置く必要があるのですが、自分がそうする状態にあると自覚していない人も結構多いです。整形外科に行って、「あなたヘルニアです」だの、レントゲン撮って「腰椎の何番が歪んでますね」と医師の診断で正式名称を名付けてもらってから急に慌てる人とか、、、実は、そんな診断される前から、身体は重力の延長上から離れていたからそうなっただけなのです。


構造的、機能的、五感(知覚)的、意識的、心理的、、、、


1つの症状は、色んな要素が重なって身体の不具合が生じさています。


ヒールを履いている人なら、とかくヒールのせいだけにしてしまいますが、それ以外の側面も含めて、自分がやっている「勘違い」のバランスに気づく必要もあるのではないかと思います。

また、この動画はたまたまヒールを引き合いに出して、足腰、膝、背骨などの制限を解説していますが、ヒールを履いてなくても、この動画と同じような身体の使い方をしている人、或は、する必要のない緊張を自らやって、それを手放せずにいる人もいます。


早くに気づければ気づけるほど、近未来の自分の姿や生活の質を変えることにもなるのです。



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


スポンサーサイト

| 日常での身体の使い方 | 15:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。