FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロルフィング体験談(6)

ロルフィングの体験談をご提供いただきました。
Nさん、ありがとうございます。

http://easeofbeing.jp/voice.html#voice06


体験談を書いてくださったNさんは、スケジュールの都合により、第4~第7までのコアセッションを1日置きに受け、残り3回の統合セッションは、各セッションとセッションの間を長い期間をあけながら終了しました。


期間が空くと、普段の日常のパターンに戻ってしまわないか?という心配をされるクライアントさんが多くおられるのですが、7回目を過ぎて以降は、ご本人がロルフィングのことをすっかり忘れる日々が続いても、からださんの方は着実に統合に向かって準備しはじめていることが多いです。


なので、久しぶりにセッションルームでお身体を拝見した時に、前回最後に見た時よりも随分と、立っているその姿が地面に馴染んでいることに驚かされるのは、むしろロルファーの方だったりします。


表層のセッション(1~3回)あたりでは、組織の緊張が多いと思っていた筈の箇所も、統合のセッションにもなってくると、ロルファーの手が軽く触れた瞬間に、もうまるでマシュマロが溶けるかのような反応の良さが生まれているのです。


それは、ロルファー&クライアントの双方にとって、とても居心地の良いひととき~


だったらもう残り3回の統合セッション(第8~10回)は必要ないんじゃないの?

・・・と思われそうですが、ここで「身体を統合する」というプロセスがなければ、ロルフィングの醍醐味を味わったことにはなりません。



なぜなら、ロルフィングの最大のテーマ「重力との調和」はそこから生まれるからです。




う~ん、これってロルフィングを受けてみなきゃ、読んだってピンと来ないかも知れませんね…


関連記事
スポンサーサイト



| ロルフィング体験談 | 05:31 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ロルフィングもサイエンスだよね。
ヨガもサイエンス。

大阪も寒そう。
こっちも雪がどんどん降っていて寒いです~~。

| おりん | 2008/02/06 00:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT