PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「奇跡の脳」ジル・ボルト・テイラー

とても素晴らしい動画なので、シェアします。

脳卒中を自らの体の「内側」で体験した、脳科学者さんのお話。

テイラー博士は、このことを皆に伝えるために脳卒中から戻ってこられたように思います。



「まさに、今」の一瞬一瞬で起こるありのままを、右脳と左脳はそれぞれどう捉えているのか、脳卒中を起こした左脳の機能が刻一刻と失われている最中の、右脳と左脳の駆け引きなど、脳の専門家である彼女が、書物や知識を超えて実体験したときの様子を語っておられます。

右脳についてのくだりは、聞く人によっては何やら怪しげな雰囲気に思われるかもしれませんが、私自身はクレニオや、エソテリック・ヒーリングのセッションを継続的にやっていると、自然治癒力はそういった環境の中でより発動しやすくなる場面に立ち会うことが多いので、テイラー博士の体験談には頷けます。

テイラー博士がおっしゃるには、
その右脳的感覚の良さを、より現実的な私達の日常生活における「今、この瞬間」と繋ぎ合わせてくれているのが、左脳の役割なんだそうです。

どちらの脳が優位かというものではなく、
リラックスした状態で、五感をフルに活用させ、実際の肉体の運動機能に感覚を研ぎすませることで、右脳と左脳のバランスが保てているのですね。

とても興味深いお話なので、皆さまも是非どうぞ☆

書籍もあるそうで、私はこれから読もうと思っています。




関連記事
スポンサーサイト

| 本の紹介 | 18:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。