PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『先に土を耕しておく』ロルフィング

今回は、『ロルフィングをどういう位置づけで活用したらよいか』について。

最近のクライアントさんには、ご自身の姿勢や身体全体の健康のために、自分から色んな取り組みをされている中でロルフィングも受けられるケースが増えてきています。(いえ、以前からもそういう方が居ますが、最近特に)

例えば、(私のところに来られるクライアントさんで多いものでは)

ピラティスやヨガ、
フィットネスクラブでの筋トレやスタジオメニュー、
アレキサンダー・テクニーク
ウォーキングレッスン
合気道や太極拳など武術系

など。

そのようなクライアントさん達とお話をしていると、

『ロルフィングを受けることで、難しいと感じていた課題をクリアする近道が出来た気がする』

というご感想をよくお聞きします。



そんな折、名古屋のロルファー仲間ユキちゃんが、私がツイッターでつぶやいた一言を引用して、うまく説明をまとめてくれました♪

まさにそーそー!

てな訳で、そのままゴッソリ紹介しちゃいます (^-^)

(ユキちゃんのブログ)
『先に土を耕しておくロルフィング』


「先に土を耕しておく」とは、別の言い方をすれば、

「身体の良い状態に向かっていけるための素養をつける」

ということでもあります。

「ロルフィングを受ける」=「すぐに何かが改善する・痛みや不調がパッと消える」

というものでもない点に着目していただければ幸いでございます




関連記事
スポンサーサイト

| ロルフィング | 02:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。