FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

WS:身体の「繋がり」を感じよう!ロルフムーブメントWS

ロルフムーブメント・ワークショップ
テーマ:身体の「繋がり」を感じよう!


<第1回目> 11/10:身体の「繋がり」を感じよう!(下半身編)
→満席になりました (9/26現在)
<第2回目> 12/ 9:身体の「繋がり」を感じよう!(上半身編)
→満席になりました(9/27現在)

※キャンセル待ちや追加開催をご希望の方はお気軽にお問い合せください。

[12/13追記]
1回目(下半身編)終了のご報告→こちら
2回目(上半身編)終了のご報告&ご感想→こちら






〜ロルフィング®流 楽な立ち方・座り方も学べます〜

日常生活でお馴染みの「座る」「立つ」動作を見直しながら、身体に負担をかけない姿勢や動きのために知っておきたいこと、自分のからだの歪みや癖に気づき自己調整するコツを2回に分けてお伝えします。

私達のからだは常に動いています。座り姿勢・立ち姿勢で見た目に静止をしている時でも、常に重力と摩擦がない場所を探して、身体の各パーツが連携して繋がり、一連の流れをもって繊細な動きをし続けています。知覚とイメージを使ったエクササイズを通じて、その機能を再確認し、居心地よいカラダを取り戻しましょう。

単発でも受講できますが、2回目は1回目の内容をふまえて進行します。2回通しで受講されると、全身を通しての身体の繋がりや歩き方への理解を深めていただけます。

肩コリや腰痛、姿勢をよくしたい方、ヨガやピラティスの実践者(特に、正しいアライメントを見つけるのが苦手な人)、動きの質を向上させたい人、介護ケアに従事されている人やボディワーカーなど、カラダと繋がりたい全ての人にオススメです。


講 義 内 容




<第1回目>  11月10日(土) 14:00〜16:00(2時間)
* 身体の「繋がり」を感じる(下半身編)

骨盤の安定と地面からサポートを得る感覚、グラウンディングの感覚を学びます。
 <トピック例>
  ・骨盤の解剖、ニュートラルな位置と動きを知る。
  ・骨盤底の活性化
  ・股関節から膝・足裏への繋がり
  ・足裏の活性化、内転筋/外転筋バランス。
  ・楽な座り方、椅子からの立ち上がり方
  ・立ち姿勢で身体の緊張をゆるめる方法(1) 


<第2回目>  12月9日(日)14:00〜16:00(2時間)
*身体の「繋がり」を感じよう!(上半身編)

下半身からのサポートを通じて、コアを解放させ、肩や手が自由に動ける感覚を学びます。
 <トピック例>
  ・肩甲骨や鎖骨の解剖、動きを知る。
  ・肩〜腕・手への繋がり
  ・手のひらの活性化、前鋸筋の活性化
  ・外界との接触ツールとしての手。
   (座り姿勢、立ち姿勢で楽に腕や手を使うコツ)
  ・胸の中心(ハート)を開く。
  ・立ち姿勢で身体の緊張をゆるめる方法(2)

※ 内容や進行は、参加者の理解やニーズに合わせて変更することがあります。
※ 事前にロルフィングについて説明をお読みいただいていると内容の理解がスムーズです。
 参考サイト: ロルフィングスペース ease of being




開 催 要 項




【日程】
   第1回目 2012年11月10日(土)14:00〜16:00
   第2回目 2012年12月 9日(日)14:00〜16:00

【場所】 forestaヨガスタジオ フォレスタ
     大阪市中央区平野町2-5-14 FUKU BLD.三休橋401
     http://www.yogaforesta.com/map.html

【持ち物】 軽い運動ができる格好、フェイスタオル
    (必要な人は)筆記道具、飲料水
     ※激しい運動のようなことはしません。

【参加費】 4500円(事前振込、詳細はお申込み後にご連絡いたします)

【定員】 6名 ※最低催行人数(開催日3日前まで)4名

【講師】 宮本貴代(米国Rolf Institute公認ロルファー)

【申込方法】
 下記のURLリンクにある申込フォームからお申し込みください。折り返し、入金方法のご案内メールをお送りします。入金完了をもちまして参加の確定とさせていただきます。

申込フォームへGO



【キャンセルについて】

 以下のキャンセル料を頂戴いたします。ご了承ください。
 * 開催日から10日前までのキャンセル→0%
 * 開催日から9〜3日前でのキャンセル→60%
 * 開催日の前日・当日のキャンセル→100%

【留意事項】
※ 以下に該当する方は、受講にあたって注意が必要です。事前にご相談ください。
 ・現在も痛みやしびれがあるような椎間板障害をお持ちの方
 ・完治していないケガや骨折、ムチウチ、捻挫のある方
 ・感染症のある方
 ・妊娠中の方
 ・動脈瘤や骨粗鬆症、リューマチ性の関節炎など、医師から運動を制限されている方

※ 整形外科、心療内科・精神科の治療中、投薬中の方はご遠慮いただいております。

※ この講座では、見た目の審美に主眼をおいた(マナー講座のような)座り方・立ち方は扱いません。とはいえ、職業柄や状況によってはTPOに合わせた「ポーズ」を必要とされる場面は沢山あります。そんなニーズをお持ちの方でも、身体主体の座り方・立ち方を体験することでより優雅な所作への理解を深めていただけます。


【講師プロフィール】
宮本貴代(みやもとたかよ)米国Rolf Institue公認ロルファー。気持ちのいいカラダのありようを求めて、1998年から各種ボディワークやセラピーを学びはじめる。アロマサロン勤務を通して、単なるリラクゼーションとしてのマッサージや、その時の痛みや制限を緩和させるだけのセラピーの限界を感じはじめた矢先にロルフィングと出会う。重力との調和を重視するロルフィングを受け、自分の心身の状態に自立的であることが本来の健康を保つことを実感。2005年米国コロラド州ボールダーに渡米、ロルファーとして認定される。現在は、大阪・梅田でロルフィングの個人セッションと提供するほか、近年は、オステオパシー医のトム・シェーバー博士に師事(バイオダイナミクス系のクレニオセイクラル)より繊細なタッチを実践に取り入れている。からだの声を聴くことの奥深さ・楽しさを大切にしている。


【主催・お問い合せ先】
 ロルフィングスペース ease of being
 宮本貴代(米国Rolf Institute®公認ロルファー)
 メール:rolfer★rg8.so-net.ne.jp(★を@に変えて下さい)
 電話:090-2193-9489



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


関連記事
スポンサーサイト



| セミナー&ワークショップ | 00:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT