FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

瞬発性の中でのコーディネーション

フィットネス通い約1ヶ月目。
ラテン系ダンスのBailaBailaというのがなかなか楽しくて。ひとまず3日坊主はクリア。

今夜のバイラでは、右中足骨~足根骨の回復と機能向上したのを実感した直後、左中足骨部で適度な筋肉の疲労感と共に、左足指の骨と中足骨が素早い動きの度に、1本1本が独立してカウンターローテーションしているのを感じることができた。ここらへんの感覚が甘かったのも膝痛の原因の1つやってんなー、と発見。

ロルフムーブメント的な『スロー&繊細な動き with 知覚』の中で出来ても、瞬発性や手足の動きと連動させる動きでは、たまに勝手が違うときがある。全体のコーディネーションの中で抜け穴がところどころに・・・。

ヨガやストレッチ、ピラティス系では、コアに流れと方向性を作る方に意識が行きやすいので、ダンスなどのアップテンポなエクササイズでサクサク動く中で学べる効用もあるんだな~と、改めて新鮮な気持ち。

もともと瞬発的なコーディネーション能力は鈍い方なので、もう少し頑張ろう。
背骨がコンティニュアムのようにヌルヌル動くのは(※クネクネではなく、さざ波のようなバイブレーションです)まだまだ先だろう。

上手くなるまでに、あと1~2回はどこかを故障するかも知れないけど、ロルフィング的な身体への目の向け方を知っていれば、その箇所こそ反面教師になって、組織の制限や知覚のオブラートをぶちやぶる突破口になりそうな気がする。

故障はない方がいいけど、故障してみないと弱点に気づかない時もあるのかも知れない。何かあったらロルフィングで調整してもらおう。

先週はうまく出来ずに少し凹んでいたけど、今日は足根骨がうまく機能できたので、四肢が軸からフリーになって調子よく終われました。
関連記事
スポンサーサイト



| 「身」からだ | 23:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT