FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロルフィング®流「身体感覚でからだを学ぶ」ワークショップ

[7/19更新]
申込期限を 7月18日(水)を過ぎましたが、まだ空席がありますので、前日ギリギリまで申込受付させていただきます。直前なので、申込フォームへの送信に加えて、お電話でもご一報いただけると確実です。どうぞよろしくお願いいたします。


こんにちは。ロルファーの宮本です。
皆さま、いかがお過ごしですか?

気象庁によると今年の夏は暑いと予想されていますが、今のうちに暑さにバテない身体を準備しておきたいですね。効果的な体力アップのためには、その土台となる身体の姿勢バランスも大切です。

7月に大阪でロルフィング®ワークショップを開催します!

今回は、私の先輩ロルファー扇谷孝太郎さんを大阪にお招きし、ロルフィング未経験の人にも、既に10シリーズを受け終わった人にも楽しんでいただける充実の内容を2日間でご紹介します。

肩こりや腰痛でお困りの方から、特定のアクティビティをされている方、ヨガやダンスのインストラクターや理学療法士など身体の動きを指導されている方まで、どんなニーズをお持ちの方でも、まずは自分の身体でバランスが良い姿勢や動きがどういうものなのかを身体で感じられることは、日常生活を快適に過ごす、あるいはパフォーマンス向上の秘訣です。

このワークショップでは、繊細な動きと気づきを用いて身体に働きかけるアプローチを体験しながら、身体の構造と機能を、頭ではなく、身体感覚で学び&感じるコツをお伝えします。特別企画として「声」をテーマにした内容も取り上げます。 また参加者同士がペアで行うエクササイズもいくつか行います。

6月18日までの入金には早割価格を適用します。
どの講座も、参加者のニーズに合わせてお選びいただけますが、2日間(3部作)通しで受けると全身の繋がりを万遍なく感じていただけるように構成されています。もちろん単発でのご参加も歓迎します♪



開 催 概 要



<7月21日(土)>

●第1部「ムーブメントで体験する10シリーズ」
 【時間】14:00~18:00(4時間)
 【料金】14,000円(早割 13,000円)
 【定員】16人
 【対象】身体に興味がある人(※注1参照)

<7月22日(日)>

●第2部「動いて、感じて、学ぶ、骨盤&股関節」
 【時間】11:00~13:00(2時間)
 【料金】7,000円(早割 6,000円)
 【定員】16人
 【対象】身体に興味がある人(※注1参照)

●第3部 「からだを耕し、豊かな声を生む!」
 【時間】15:00~17:00(2時間)
 【料金】7,000円(早割 6,000円)
 【定員】16人
 【対象】身体に興味ある人。また、伸びやかな発声ができる身体の状態を知りたい方。演劇の役者、ナレーター、会議やプレゼンの場で楽に声を出したい会社員の方などにもオススメです。プロ・アマ不問。(※注1注2参照)


より詳しい講座内容はPDFでご確認いただけます→pdf(印刷用チラシ)

(注1)以下に該当する方は、受講にあたって注意が必要です。事前にご相談ください。
 ・現在も痛みやしびれがあるような椎間板障害をお持ちの方
 ・完治していないケガや骨折、ムチウチ、捻挫のある方
 ・感染症のある方
 ・妊娠中の方
 ・動脈瘤や骨粗鬆症、リューマチ性の関節炎など、医師から運動を制限されている方
 現在、心療内科・精神科の治療中、投薬中の方はご遠慮いただいております。
 その他激しい運動はありませんが、ご自身の身体に不安がある方は事前にご相談ください。
(注2)声をテーマにしているため、複数の参加者の中で大きい声を出すことに抵抗がない方。


【講師プロフィール】
扇谷孝太郎:米国Rolf Institute®公認ロルファー。フランクリンメソッド公認インストラクター。1995年より演出家竹内敏晴氏の「からだとことばのレッスン」に参加。以後、からだへの気づきを手がかりに人間の可能性がひらかれることに魅せられ、ロルファーとなる。現在、鎌倉を拠点にロルフィング® やクラニオセイクラルなどの個人セッションを行う一方、身体や声をテーマにしたワークショップを多数開催している。「歩き方講座」「ヨガ&ヨギニのための柔軟性向上WS」「からだと声のWS」『バレエ/ダンスのためのバランス&柔軟性WS』などの実践的な講座がとても判りやすいと多くの方々に好評を得ている。
http://www.rolfing-jp.comhttp://rolfing.cocolog-nifty.com/



【場所】クロニックスチューデンツ 天満橋スタジオ
    大阪市北区天満2-2-3 西孫ビル4F
【地図】http://goo.gl/maps/Gt8V
    地下鉄谷町線 天満橋駅より徒歩5分
【持ち物】動きやすい服装、筆記用具(必要な人のみ)
【早期割引】6月18日までの入金で1講座につき1000円引き。
【最小催行人数】6月30日の時点で3講座とも最低6名以上で開催。
   →開催決定となりました。引き続き、参加者を募集しています。
【キャンセルについて】
 申込後のキャンセルには開催までの日数に応じてキャンセル料が発生します。ご了承ください。

【申込方法】
  下記のURLリンクにある申込フォームからお申し込みください。受付後、折り返し手続き方法をメールにてご案討擦討い燭世泙后?
ボタン


※メール受信拒否設定をされている方は事前に設定解除をお願いします。7営業日以内に参加費を指定の口座にお振込ください。入金確認がされた時点で正式な申込が完了します。

【申込締切】6月30日(土)→7月18日(水)に延長しました。

【主催・お問い合せ先】
 ロルフィングスペース ease of being
 宮本貴代(米国Rolf Institute®公認ロルファー)
 メール:rolfer★rg8.so-net.ne.jp(★を@に変えて下さい)
 電話:090-2193-9489


※PDFファイルが見れない人は、以下をそのまま読み進めてください。




開 催 概 要



●第1部 「ムーブメントで体験する10シリーズ」

ロルフィングの10シリーズを構成する各セッションのテーマに沿って、身体の構造を学びながらムーブメントを体験していきます。ロルフィングを受ける前の準備として、またはロルフィング後のメンテナンスとして役立ちます。今回は第1セッションの「呼吸」、第2セッションの「足のアーチ」、第3セッションの「身体の側面ライン」を取り上げます。筋膜システムとして身体をとらえたときの、各セッションのテーマの間の関連性がより深く理解できるでしょう。

(取り上げるトピックの例)
#1:呼吸
・ 胸郭への気づき
・ 呼吸と骨盤(仙骨)の動き
・ 空間と体内との二方向性
・ 声のバイブレーション
・ 呼吸と背骨の柔軟性
どのような呼吸をしているか。それはその人の姿勢、体型、動き、それらすべてに反映します。良い姿勢とは、言い換えれば、場面に合わせて、より楽に深く呼吸のできる姿勢だとも言えます。

#2:足のアーチ
・ toe hinge(つま先)と四頭筋、大腰筋
・ 内側アーチと体幹(骨盤底、大腰筋)
・ 内側アーチと軸
・ 外側アーチと安定
・ 外側アーチと股関節、肩関節
・ 外側アーチと外旋深層六筋
足のアーチは身体を支える土台です。路面に合わせて形を変える柔軟性と体重を支える堅牢性は、アーチによって生み出されます。足のバランスが姿勢だけでなく、膝や股関節、上半身の柔軟性に大きな影響を与えていることに驚かれるでしょう。

#3:側面ライン
・ 肩甲帯の動き
・ 中(小)殿筋と前鋸筋
・ TMJ(顎)
・ 腰方形筋と大腰筋
・ 魚の動きと回旋

魚(魚類)やイモリ(両生類)、トカゲ(は虫類)を見るとわかるように、背骨を横にくねらせる動きは、移動のための最も基本的な動きです。この動きを身体が思い出すことで、歩行はよりしなやかに、ダイナミックに変化します。


●第2部 「動いて、感じて、学ぶ、骨盤&股関節」

骨盤は文字通り、動きの要(かなめ)です。
内蔵を支える堅牢さと、脚の動きを背骨につなげる柔軟性…
それらはどのような仕組みから生み出されるのでしょうか?

身体の動きに合わせて、骨盤の4つの骨(仙骨、左右の寛骨、尾骨)はそれぞれに動いています。その本来の動きを理解し体験することで、骨盤に眠るパワーを引き出しましょう。股関節の柔軟性と安定性も向上します。

また、骨盤の解放は、より深い呼吸とグランディングを生み出し、精神の安定にも欠かせない感覚です。
イメージで身体を変えていくフランクリンメソッドのエッセンスを体験していただくと同時に、1日目のWSに参加される方にとっては、ロルフィングの第4セッションの入門編にもなります。

武術やスポーツ、ダンス、ヨガなどで、身体のパフォーマンスを向上させたい方だけでなく、身体を通して自分をもっとよく知りたい方、日常生活の中で腰痛や肩こりを予防したい方にもオススメします。


●第3部 「からだを耕し、豊かな声を生む!」

からだの緊張をほどき、自然で楽な声の響きを取り戻しましょう!

姿勢や歩き方だけでなく、声においても自分では当たり前と思っているからだの使い方を改めて見直してみると、意外な発見があるでしょう。

豊かに声を発し、自分を表現する。
声の問題に取り組むことは、日ごろの自分の緊張に気づき、それを解放していくプロセスです。

他者への気遣いや遠慮によって「作られた声」を、自分の声だと思ってしまってはいませんか?音痴だからと歌うことをあきらめていませんか?楽しみながら、無意識に身に着けた身構えをほどき、のどを開き、たっぷりとを使って、声を空間に響かせましょう。そこに立ち現れる、新しいからだと声を見つけましょう。

ロルフィングのムーブメントエクササイズを通して、楽にを吐き、豊かな声が生まれるように、からだの緊張をほどきます。特別な訓練は必要ありません。誰もが持っている声の本来の響きを取り戻しましょう。

(主なトピック)
・からだの重さをゆだねるチカラを耕す
・声のバイブレーションを感じる
・足と股関節をゆるめ、土台を作る
・横隔膜をゆるめ、を深くする
・コアマッスルを活性化して「支え」を作る
・首や肩の緊張をほどいてのどを開く
・ことばのイメージに触れる

以上





皆さまのご参加をお待ちしております!

<WS内容に関係して、以下の記事も読まれると参考になります>

 発声と言葉、そして「表現」すること。[2012.7/16] 



関連記事
スポンサーサイト



| セミナー&ワークショップ | 06:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT