FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

からだを感じる・ロルフィング入門WS(足)

再掲です。

8月27日(土)「からだを感じる・ロルフィング入門」(第2回・足)はまだ空席があります。


第1回の呼吸の回にご参加でない方もご参加いただけますので、ぜひお越しください。


建築・構造物は、土台の傾きが1度でも変わると、そこから上の構造のバランスが大きく変わります。

PIza tower

かの有名な、ピサの斜塔は、現在の環境のままで、あと300年近くは今の姿を維持して立っていられるそうですが、人間の身体がピサの斜塔のようであったとしたら、地面に崩れ落ちはしなくても、重力が敵となり、かなりの部分で負荷や緊張を強いることになります。

コンクリートや石膏で補強してもヒビは入り、ある一部分はカチコチになりすぎたり、他のある部分ではいつでも脆く崩れやすい構造になっていきます。そうして徐々に、身動きの取れない腰の重いボディになっていくのです。
(注:体重の多い少ないは関係ありませんよ~・笑)

それだけ足のバランスは大事なのです

次回のからだを感じる・ロルフィング入門WSでは、 主に、つま先~膝あたりまでの動きを使って、自分以外の環境に(物、地面、空間、人)に対して「ゆだねる」「信頼をおく」ことを体験していただく予定にしています。


相変わらず、地味~なエクササイズです
でも、その分、感じ取れることは多くあるかと思います。
(予定は進行の流れによっては変わる可能性ありです)

-------
余談ですが、足と聞いて、皆さんどこを想像しましたか?

「足」です、英語でいう foot の部分。
「脚」ではありませんのでご注意を~。
「脚」以前に「足」を解放させてやってようやく、その上の部分のサポートについて扱っていける準備になります。

8月27日のワークショップは、まだ座席に空きがあります。
http://easeofbeing.blog101.fc2.com/blog-entry-193.html

ご関心あるかたは是非いらしてください。

ロルフィング的な体のゆるめ方を体験したい方にもオススメします!



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。

関連記事
スポンサーサイト



| セミナー&ワークショップ | 00:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT