FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ジストニアがロルフィングで克服された例

ジストニア(中枢神経系の異常による不随意で持続的な筋収縮)で片手が使えなくなったピアニスト、レオン・フラーシャー氏が、ロルフィングを受けて、ジストニアを克服。ピアニスト人生を復活させるまでのストーリーが動画で公開されています。

ここに出て来るロルファーTessy Brungardt は、ベテランのロルフィング講師で昨年は日本のロルファー達にも彼女の熟練を教えに来日してくださいました。

彼のストーリーはたびたびメディアで取り上げられているようですが、こちらの動画はうまくまとまっていて、私も心地よいピアノの音色と共に、しみじみ聞き入ってしまいました。

※すみません。下記の動画のリンクはどうも勝手に再生ボタンが起動するため、ご覧の端末環境によっては動作が遅くなりやすいようです。


動画の中盤くらいから、手へロルフィングをしているテッシーの様子が映し出されていきます。

すべてのジストニアの方がロルフィングで何らかの変化を引き出せるかどうかは個々のケースにもよるかも知れませんが、フライシャー氏とってかけがえのない光となりました。

彼は、日本にも不定期に来日公演をされているのですが、私はまだコンサートに行ったことがありません。

いつかこの耳で、ロルフィングで吹き返した音色を聞きに出かけたいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト



| ロルフィング | 18:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT