FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リストラティブヨガTTC(その1)

先週末の3連休でリストラティブ・ヨガ指導者養成コースを受けてきました。

世間の皆さんは休日モードで街は賑わう中、足繁く外苑前に通いましたが、内容が実に濃くて、休暇を取る以上にとても充実した3日間になりました。

リストラティブ・ヨガの詳しい解説はこちら(英語)
(Judith Hanson Lasater Ph.D.,PTのサイト)

 http://www.restorativeyogateachers.com/


リストラティブで有名な本はこれ。




ヨガといっても、よくあるアクティブに身体を動かす(筋肉を働かせる)ヨガとは違います。
簡単に表現すると「動かない静的なヨガ」
ストレッチでもなければ、筋肉をつかってポーズを保持する必要もありません。
受け手がやることと言えば、重力に身を任せること。
これって簡単そうで実はとても難しいです。

私がやっているロルフィングだったら、クライアントはロルファーの助けを得ながらセッションを受けて感じるところですが、リストラティブではロルファーの手の代わりに、ボルスターやブランケットがサポートしてくれているので、受け手がやることは、そこに自分のカラダを「ゆだねる」ということに徹するだけです。自分のペースで探求するのです。

私がリストラティブ・ヨガを形容するとしたら、こんな感じです。
 ↓ ↓ ↓
受けている最中は、まさにクレニオセイクラルみたいな感じ?
ヨガをしている人にとっては、いろんなポーズをしたままシャバーサナ状態?
ロルフィングを知っている人には、受け終わったあと、まるで居眠り(ズボラ)しながらロルフ・ムーヴメントを受けれちゃったようなスッキリ感?

なんとなくわかりますか?

詳しい説明は、もう少しうまく説明できるようになってからインターネットに書こうと思ってますので、今のところはこれでお許しくださいませ~。



リストラティブ指導者養成コースのエピソードは、まだ続きます。
明日以降にアップしま~す。



◆よろしければクリック&拍手にポチッとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ ボディワークへにほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へにほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
 にほんブログ村


大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。
関連記事
スポンサーサイト



| リストラティブヨガ | 17:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT