FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

筋膜リリースにオイル?(その2)

昨日の記事の続きです


前日の記事筋膜リリースにオイル?(その1)


筋膜リリースの手技において、
筋膜に対して「ストロークをする」という印象をお持ちの方も、受けたことがない人の中には多くいらっしゃいますが、必ずしもストロークで伸ばすだけが筋膜リリースではありません。
(※そもそもスキルフルタッチと筋膜リリースは別ものです。筋膜リリースは1つのテクニックであり、スキルフルタッチの目的のために筋膜リリースを1つのツールとして使っているという感じです。)

わざわざ摩擦抵抗を呼ばなくても、他にもいろいろな手技があり、
組織の自動性(motility)や可塑性(固体の形状が変わりやすい性質)をひき出すべくソフトタッチで(受け手の印象としては、)ただ触れられているだけのような手技や、ロルファーからの一方的な手技でななく受け手の知覚を利用して介入のレベルを控えめに保って行なう手技もあります。そのようなストロークをしないアプローチ法であっても、受け手の触れられることへの感覚は千差万別なので、ごく軽~いタッチでも痛いとか、こすれる感じを不快がる人には多少のクリームを使うこともあります。(※プラクティショナーよって、多用する手技の傾向は異なります。)

また、普通のオイルマッサージに慣れ過ぎている人も、クリームをつけていることへの依存度が高かったりするので、スキルフルタッチでベトベトするほどクリームをつかわない事を新鮮に感じられることがあるようです。(私自身もそうでした


まだ書きたい事がつづきそうです。続きはまた明日~


◆よろしければクリック&拍手にポチッとお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ ボディワークへにほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



| ロルフィングQ&A | 17:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT