FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロルフィングの効果のほどは?

ロルフィングの効果って持続するの?


これは、ロルフィングを検討中の人からの
「よく聞かれる質問ベスト5」にはランキングしていそう質問です。
(統計を取ったことはないけど おおかたそうだと思う)


このたび、すっかり更新作業が遅くなってしまいましたが、
私がロルファー学生(ユニット3)だった当時に、
10シリーズのモデルクライアントになっていただいた Yukiko さん が10シリーズが終った5年後に受けた、1回限りの単発メンテナンスセッションを受けてくださった時の比較写真をホームページに掲載しましたので、ご関心のある方はぜひ一度ご覧下さい。

<ロルフィング体験談 client case1>

http://easeofbeing.jp/voice.html#voice01



リンク中の写真では、姿勢の変化がビジュアルでも確認できますが、
ロルフィングでは、その人の癖を「矯正」したりしないし、ロルフィングを受けても癖は完全にはなくなりません。(それが身体に不快だったら、ご本人の気づきとの相乗効果で軽減はされるかも知れませんが。)
だから、ロルフィングを受けても、日常生活のパターンや性格的な癖がガラリと変わる事は初めから期待していなくて、その癖やパターンを、ある意味、自分のチャームポイントにすら思えるくらいに扱えるようにできれば、ロルフィングでの望ましいカラダの在り方を見出すことができる、というのがロルフィング的な見方です。


「ロルフィングを受けたから、その楽な身体がそのまま続く」
というような、10シリーズ終了直後の結果を固定されたものとして扱い、「それが持続しているかどうか?」と言う基準で効果の持続性を評価するのは、ずいぶん安直な発想です。

ロルフィングでは、重力に身体が少しずつ馴染んでいくことも踏まえて、10回で終了します。

「常に動いている自分」が「常に変化をしている周囲の環境」の中で、「常に調整能力を発揮している」「次のステップに対して準備しようとしている」・・・そのような「動き」が絶えず続くことで、ロルフィングで得た楽な状態が継続されていく、というのが大方の説明になろうかと思います。

一旦起こった「変化」も、その後「 " 変化 " が " 変化 " していっているんだな♪」と捉えるくらいで丁度よい加減かも知れません。

それらの経時変化の過程を、本人が、どんな風に気づき、エンジョイするかによっても、その人にとっての「効果の持続性」への印象が変わってくるように思います。


◆よろしければ「バナーをクリック」「拍手をポチッと」お願いします!

にほんブログ村 健康ブログ ボディワークへにほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



| ロルフィングQ&A | 05:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT