FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロルファー分布図

最近、10シリーズを開始されたクライアントの1人から転勤することになったと連絡があった。


ちょうど第3セッションを終えたところで、ロルフィングに好感触を得て、いよいよコアセッションに突入を目前に、双方ともにワクワク感が高まって来た矢先だったので、大変残念な中断となった。


今回のように(ご本人は続ける意思があるのに)環境による不可抗力のために継続を断念せざるを得ない事態は、他のクライアントでもしばしば起こることがある。

今回のクライアントは、もともと転勤が多い職種とのことで、そのような可能性を事前にご説明した上で、私とのロルフィングをスタートされたのですが、さすがに仙台となると遠い。
それでも、来れる機会があれば、期間が空いたとしても、大阪に受けにきてくださるとのこと。ロルファーに困らない地域に居ても、大阪まで受けにくるつもりと言われ、有り難かった。


私自身も、自分が初ロルフィングを受けた時、大阪からわざわざ東京に通って受けたので、遠距離移動をモノともせず継続する覚悟とエネルギーの必要性はそれなりに理解できる。そんなのが無くても悠々と受けに行く人もいるけど。

とはいえ、特に地方のロルファーの少ない地域に在住している方々の間で、遠方から出て来てまでロルフィングを受けようとする意気込みが " 何か特別なモノ " として扱われる必要はない。実際にはお金や時間・体力の問題も絡んでくるので全くそうではないとは言いきれないが。受けたいと思った時が吉日、それが許せる環境なら受けようと思うし、今が無理なら、そのうち別の選択肢が出てくるだろう。ロルフィングを受けるタイミングはそんな感じで決まっていく。


line3.gif




さて、日本中のすべての都道府県に、ロルファーが最低1人いるくらいになるのはいつになるのでしょう。


でもやっぱり遠方から受けにくるのは大変だから、実際もっと身近でロルフィングを体験できる環境が広まればと思います。

そんな想いが高まって、このクライアントには、

『転勤先でも、ご自身以外にロルフィングを受けたい人が数名でも集まれば、大阪から2泊3日程度の出張営業してもいいですよ』

なんて、つい言ってしまった


・・・・ほんまかいな・・・(←1人ツッコミ)


実のところ、地方営業は一度もしたことがない(笑)

が、実際にやるならロルフィングを受ける機会が少ない地域でセッションを提供したいと思う。全国のロルファー仲間達にもそのように考える人は多い。


それでも、今回のクライアントは、期間が空いてでも大阪に受けに来て下さるおつもりだ。
この方の身体感覚との向き合い方を拝見している限り、たぶん期間が空いても大丈夫だと思ったので、期間を空けて受ける際のプランのいくつかを提案させていただいた。


出張営業は、また機が熟したらという事で、
可能性は引き出しに残しておきます

◆よろしければクリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 健康ブログ ボディワークへにほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

関連記事
スポンサーサイト



| ロルフィング | 02:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT