FC2ブログ

2019年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年08月

≫ EDIT

ロルファー記念日 (7月22日)

今回の投稿は、自分自身への備忘録として書いています〜。

* * * * * * * * * * * * * * *

昨日、7月22日は、私がロルファー認定された記念日でした。

今日からロルファー15年目に突入です。

(施術家としては 19年目)

年数だけを聞けば、とても長い経歴のように思われる機会が増えてきました。

自分的には、いつまで経っても初学者気分ですので、自分ができる事が増えてきた部分を認めつつも、まだこれからも成長していかなければならない部分の方が気になるので、周囲からの見られ方と、自分の感覚の中でのギャップを感じる近頃です (^^;)


よりよい心身や健康への高みを目指すのに、最終的な到達地点 (ここまでやったらゴールに着いておしまい) なんてものは、短期目標としてはあっても、長期的にはあってないようなものだと考えているので、職業としてのキャリアに執着するのは、個人的にはあまり好きではありません。それも、どっちでもいいんですけどね。


私の場合、ロルフィングだけで活動していた訳ではなく、周囲で出会う方々とのご縁に導かれるままに、ロルフィング以外の色んな分野での活動にも関わらせていただきながら、今に至っていますので、平素は、自分のホームページやブログなどの表向きは、ロルフィングをメインに宣伝や案内をしてはいますが、 実のところ、「なんでも屋」 15年目 というのが正解かも知れません(笑)


このような活動形態になるように自然に導かれてきたのは、やはり、ロルフィングとの出会いが大きく影響していますし、今の色んな方面での活動を通じて、他者に心身の健康を提供することに携わりながらも、自分自身の健康や人生のありようを、常に学び続けさせていただいている事は明らかです。


ロルフィングの創始者、アイダ・ロルフ博士に感謝します。

また、歴史をさかのぼって考えれば、アイダ博士がロルフィングのような分野を発展させていく土壌のもとになった、20世紀(1900年代)初頭の、人間の心身や精神性の発展に寄与された、その他の分野の先人達のインスピレーションにも感謝しています。

アイダ・ロルフ博士や他の先人達が伝えてくれた、人間の身体や叡智にまつわるアイデアや精神性が、少しでも私の中にも浸透しているのでしょうか?

そこまで思っているくせに、ロルファーという肩書きを改めて意識するようになったのは、つい先日(10年目を迎えた頃から)なんですよね〜(なんといい加減な!笑)

* * * * * * * * * * * * * * *


もともと私自身は 「なんとか記念日」 とかのイベントや、アニバーサリー的な節目にこだわりがない人間なので、毎日をがむしゃらに、時には何も考えずにぼんやりと、学びを続けていたら、「あら!気がついたら、それなりに年数が経ってたのね〜」 という感じです。


それでも、10年目になった時からは、このような記念日、というか、自分を振り返る節目を意識しておくことは、まんざら悪くないなぁ〜と思うようになり、それ以来、ロルファー記念日をちゃんと覚えているようになりました。



「ロルファー記念日」 と言ってるのも、所詮はエンターテイメントです。

人間ですからね、毎日の生活に彩りを持ち込むちょっとした方便ですね。


特に近年は、こういう記念日がなければ、毎日はあっという間に過ぎていきますから、たまには自分を客観的に振り返る機会にも使っています。これからも変化していくであろう自分の変化の過程を振り返ったり、これから先をどうしたいかの展望を考えるにあたっての布石になれば・・・と思っています。


* * * * * * * * * * * * * * *

今後も 、私にできる事ならロルフィングに限定せず何でもやりますし、ease of being にお越しくださるクライアントさんや私と関わりを持ってくださる方々とのおつきあいの中で、私自身は、何者にでもなれるんじゃないかと思います。


引き続き、今の自分にできることを、粛々と続けていけたら〜と思う所存です

応援してくださるクライアントさん、周囲のお仲間さん達には、いつも感謝しています




スポンサーサイト



| 私的つれづれ | 22:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロルフィング体験談 (14)からだを通して自分と向き合う


いくつかの人生の転機(転職や離婚など)をご経験されたのちに、より自然体の自分に近づくために…とロルフィングを受けられた方の体験談です。ヨガやダンス、アートセラピーもされています。

ロルフィング10シリーズと並行して、バイオダイナミクスやエネルギーワークなどの補完ワークも併用する、「ロルフィング® 共振コース」 を受けていただきました。


<ロルフィング® 共振コース>
ロルフィング10シリーズ+補完ワーク5回(計15回)で、構造・機能・身体感覚、内外環境への気づきを効果的に高めるコースです。


M さん(女性・45歳)アートセラピー


ロルフィング感想

結果から言えば、大成功でした!

15回を終えて、とても満足しているし、これからも試行錯誤しながら、どんどん変わっていこうとおもいます。


私がロルフィングを受けることに決めた一番の動機は、自分のこれまで重ねてきた、しんどい思考のクセを変えるためでした。

からだを解放してより楽になりたい、自然な自分になりたいという思いが強かったからです。

個人的な経験から、心と身体のつながりを確信していたので、身体からアプローチすることが有効だと思いました。

ただ、身体に痛みや大きな不調、問題がないこと、10回のセッションを受ける費用で迷いがあったので、実際に行動するまでに2年ぐらいかかりました。。


セッションを受けていた約4ヶ月の間は、身体が目覚めだしているという感覚と同時に、気分や感情の変化の波を感じました。

前半は、身体が動き出していて、テンションが高くなっている自分に驚き、わくわくしていましたが、中盤から後半にかけて、鬱っぽい空虚感や、つらい感情なども十分に味わいました。

中でも、7回目のセッションが印象的で、特に顔の皮膚がしっとりと潤ったのがびっくり!また、身長も伸びたような感覚で視界が高くなりました。
のびのびとした感じ。

身体は正直で本当におもしろいな~としみじみ思います。


信頼できる人が身体をみてくれるという事実に、心から感謝しています。
(宮本先生です!)
あと、ロルフ博士にも。。

セッションが20、30回と続けばいいのに。。。なんて思いますが、ここからは自立の時なんだと思います。

身体を通して、自分と向き合っていくことの大変さと素晴らしさをあらためて感じました。


宮本先生にロルフィングをしていただき、ほんとうに良かったです。
一生忘れません!!(笑)

ありがとうございました。





(↑ご感想ここまで)


ロルフィングは、心理セラピーではありませんし、直接からだに働きかけることしかやりませんが、ロルフィングをきっかけに、自分の 「意識」や「こころ」、「自分のありよう」について気づきが深まることが、よくあります。


私たちが 「あるがままの自分」 に近づくために必要な経験には、色んな道のりがあります。

それは、自分がそうすることが必要だと自覚しながら経験することもあれば、物事の流れに従って(或いは、自分の意思とは無関係に)否応なく経験させられることになる経験もあります。

また、その経験が初めてやってくる経路は人によって異なります。


「からだを通しての体験」 であったり、

「ハート(心)の気づき (←これはより直感的です)」 であったり、

「自分の頭での考え事や、外からの知識を元に考えること(自己啓発的、マインド優位)」 からの理解であったり、、、


どんな切り口からでもスタートすることができます。

これらの中でも 「からだを通しての体験」 は、私たちの身近にある日常生活の実践にわかりやすく反映されやすいものだと思います。

自分が新しい変化に対してアンテナが開いている(受け入れ可能な状態になっている) 領域から、変容は始まります。


line


当サロン(ease of being) で提供している各種メニューは、どのワークでも、健康的な心と身体について自覚的でありたいと模索する人のサポートになるものばかりです。

ロルフィングの他にも、様々なタイプの治療法を提供しています。

受ける時期やお身体や心の状態によって、適したメニューも変わってきますので、どれにしたら良いかわからない人は、お気軽にご相談ください






大阪・梅田でロルフィング&各種療法で健康に! - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| ロルフィング体験談 | 17:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2019年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年08月