2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

西国33巡礼(2)紀三井寺(三番)

(またもや遅ればせながらのアップになりました)

ひとつ前のブログ西国33巡礼(2)施福寺(四番)での、膝が笑う現象が冷めやらぬうちに、次は紀三井寺(三番霊場)に向かいました。

施福寺の記事をてんこ盛りに書いたので、残りの2カ所は写真中心にさせていただきますね。

kimiidera_1.jpg

紀三井寺は左側通行でした。通常、右側通行が多いのですが、どうしてでしょうね〜。

さきほどの施福寺さんの後だったので脚がガクガクしたまま上り始めましたが、同じ石段でもこちらは舗装された平たいコンクリートなので足場は安定しています。手すりもあるしで、なんとか身体を前へ、上へ押し進めることができました(^^;)

こちらの石段もそれなりにハードな方らしいです。
でも、施福寺さんの後だから、そんなにハードだとは感じずにいられました。

紀三井寺の本堂。
紀三井寺は近畿では桜の名所としても有名です。せっかく行くなら花の見頃に…と思うのですが旅行会社のツアーで行く時はそんな贅沢は言ってられません。このお寺の桜は見逃しているけど、このペースで進行すれば、のちに参拝する三室戸寺では、蓮の見頃シーズンを楽しめる予定になっているから、まぁヨシとしておきましょう。

kimiidera_2.jpg


帰りの下り坂で、変わった絵馬が並んでいるなぁ〜と目を留めれば、ペット供養のコーナーでした。
 ↓
kimiidera_3.jpg


こういう所で「ペット」と言えば、普通はワンコやニャンコ達を対象にしているから、トリさん用グッズがある訳ないか・・・

ワンコ顔の絵馬を見ると、急に家に1匹でお留守番をさせてきたインコののび太のことが心配になってきました。

のび太は3年ほど前に、私の不注意から足に大ヤケドをさせてしまい、それ以来、投薬での体調管理がかかせない状態になっています。飼い主の身勝手とは知りつつも、なんとか少しでも元気で居て欲しいと思う訳で、こういったお祈願グッズを見ると、親バカモード満載に飛びつきそうになります。


売店の人に「鳥用のお守りってありますか?」と聞くと、そんなのはないけど、犬や猫の首輪につけるキーホルダーを鳥カゴにつけてみては?と提案をされました。それじゃつまらないな〜と思い、結局ワンコの形をした絵馬にのび太もジョインさせることに。

今から思うと、
このとき私はおそらく、願いを「書き出す」という行為をしたかったのだと思います。^^

kimiidera_4.jpg
 ↑
ワンコズやニャンコ達に混じって、トリさんがゴリ押しで割り込んでいます(笑)


こういうグッズって、捉えようによっては商売じみているものではありますが、人間であれ、動物であれ、周囲で見守る者の気持ちの問題もあるのだと思います。

少しでも元気になってほしいと願う気持ちを、何かしらの形に置き替えることで心の平穏を得ているようでもあります。

私自身は、絵馬という形あるものに出来ただけでも、何かスッキリした気分になりました。

ずっと家の中に飾っておくようなものでもないから、執着しすぎることもない。


巡礼ツアーの他の参加者さん達を見ていても、多くの方が家族の健康を願ってお祈りをしたり、お守りをお土産に買ったりしています。

こういう事を通じても、私達は、家族の容態を直視し、老いたり、体調の浮き沈みがある現実を受け入れていく準備にもなっているのではないかと思いました。


続いて、粉河寺に参ります。

スポンサーサイト

| 西国三十三箇所巡礼 | 01:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

西国33巡礼(2)施福寺(四番)

(またもや遅ればせながらのアップになりました)

4月から始めた西国巡礼、自分でも続くのかと思いつつ、なんだかんだと月1回のペースで参拝ツアーをこなしています。

明日は5回目の巡礼デーを目前に、旅の記録も兼ねた(ミーハーですが)ブログ日記をアセアセ更新します(^^;)

今回は、2回目の巡礼コース、5月に行ったときのものです(更新が遅すぎた…)

いえ、それだけ密度が濃かったんです・・・(苦笑)

西国三十三カ所霊場の中でも、最も難所と言われている施福寺(第四番)、石段の階段も参拝者泣かせの紀三井寺(第二番)、街なかにあって楽チンコースの粉河寺(第三番)の順にお参りしました。


まずは、施福寺から。
このお寺さんでの体験は、たぶん一生忘れないことでしょう。


sefukuji_1.jpg


石の階段といっても、舗装された石ではなくて、自然の中に転がっている石を積み上げて出来た階段なので、どこに足を置いても平たく安定した地面ではないのが難易度強の理由の1つかも知れません。

最も難所と言われるので覚悟はしてたし、ツアーに同行している高齢者さんよりは足腰元気やで〜(ロルフィングも受けてるし)なんて、タカをくくっていたけど、最近はランニングや筋トレ系もさぼっていたこともあって、さながらハードなハイキングコースとなりました。(目的はハイキングではありませんよ〜)

急な勾配の坂道や階段(約20分)では、1歩1歩歩くごとに自分の歩き方の癖やそんな歩き方をしている自分の在り方を露呈されてくる気がした。これがお遍路さんの醍醐味なんやな〜と。

筋肉が痛いとか関節がピキっとする、と思っても、急勾配の坂道の途中で引き返すことも出来ず、他の巡礼者の流れを壊すことも出来ない状況だと、ひたすら歩きつづけることを迫られるような、ただひたすら前に進む中で自分の快適さを見つけることを要求される。

そんな状況を逆手にとって、1歩1歩の足を進めるごとに、自分自身の歩き方を、より地面と対峙した着地を考えたり、身体じゅうが滞りなく均質化されるようなライン上に身を任せる作業を連続させてゆく。

フィットネスのランニングマシンでよく似た設定はできるでしょうが、自然の中、地面は土でデコボコしてて、周囲の参拝客や景観も視野に入れつつ、常に上を向いて歩き続けるシーンだからこそ沸いてくる感覚がありますねー。

早く頂上に到達することだけを考えて、筋肉に任せてグングン歩数をあげるだけの登り方だったら、きっとどこかの関節をやられていただろうな。ここでも「プロセス(過程)」を感じれて、自分でも見ていることの大切さを体感させていただいたような気がする。




この難関を5Fingersで登っていた年配の女性がカッコよすぎでした★



sefukuji_2.jpg
本堂よりも、その手前にある仁王門の方についカメラのシャッターを切ってしまいます ^^;

最近気づきましたが、おそらく私は仁王さんフェチかも知れません(笑)

sefukuji_3.jpg

この後、同日中に、紀三井寺と粉河寺にも行くのですが、ガクガクの脚でツアーの終わりには、脚が棒になっていました。

ツアー当日とその数日後までの経過が面白かったので記録に残してみました(^_^)

※細かいので物好きな人以外は読み飛ばしてください。

経過1…歩いてる最中は、膝が笑う現象(背面が伸びすぎ)。帰り道では、踵に釘を打ち込まれの刑(そして高齢者のような横揺れ歩き)。家路に着く頃には、サポートがない左足&脚の代わりに、左腕が「レレレのおじさん」歩き。そして、これでもか~!と言うほど、踵重心しか出来ない現象~。

経過2…翌日はふくらはぎ深部の筋肉が程よく出来て、弾力性のなかった左足アーチがくっきりした!(キター!)。ふくらはぎ以外は筋肉痛ではなく、全身がシャッキリ気持ちがいい~★と喜んだのは束の間、踵重心になりすぎ、前重心で歩く事が全くできなくなった。

前重心が全く機能しない訳、つま先ヒンジを使おうとするも、拇指球に重心を乗せても、ヒラメ筋の収縮に反発されるからだった。坂道で伸びたリバウンドだ。足底のアーチが出来たまでは良かったが、逆に収縮が強く出すぎた様子。(翌日いっぱいはこんな感じ)。

それでも、腰や全身のアライメントはおかしくない位置に保てていたのも、ひとえにロルフィングで関節のニュートラル位置を体感で記憶して、なるべく調整することができたおかげじゃないかと、我ながら。

3日目。
1日のうち何度となく、ふくらはぎのストレッチをしながら、つま先ヒンジを地面の向こうにプッシュ&リーチで、筋膜チェーンを腸腰筋~背骨を通って~喉の前まで繋げるメンテをしているうちに、夕方あたりから、ようやくつま先重心での始動が出来始めてくる。

その後しばらくの間。
胴体部では、左半身・右半身のそれぞれが少しの時差をおいて体側性の動きに繋がってきたところで、全身がすこぶる快調になってきた(^-^) 週末はあれだけ急性腸炎から全身関節痛になったのも、もはや忘れかけている。(※ このツアーの直前はプチ体調崩しが起きていたのです、実は)

この一連の変化で、色んな人の歩き方を七変化で体験できた気がする・・・
単に運動不足であるべき場所に筋力がついてない人、
動作をキバり&頑張りすぎて筋緊張が激しい人、
心理面で足裏で地面に触れることを避ける人、
疲労困憊の末、足を前に進めることエネルギーすら枯渇し身動きできない人
…など。





筋肉痛は激しかったけど

表層筋はゆったりしたままで足のアーチがくっきり☆
(コアはしっかりしている)

というのがとても心地よかった〜。


そんな訳で、お遍路さん(巡礼の旅)って「自分をみつめる旅」とよく言いますが、特別な信仰心に関わらず、まさに「歩く」を通じて、嫌でも自分の身体を突きつけられる体験から学ぶことの奥深さがあるんやな~と、初心者なりに実感したのでありました。


身体って面白い~。

って、巡礼レポートがつい身体レポートになってしまいました。
すみません(笑)


続いて、紀三井寺と粉河寺に進みます。

| 西国三十三箇所巡礼 | 00:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

量子テレポーション?

量子関連の面白い記事を見つけましたのでシェアします。


ハンズオフ(手を直接触れない)で行う、エネルギーワークや遠隔ヒーリングで起きている事を物理的に説明できる可能性があるとすれば、今のところ、この分野になりそうな気がします。

もちろん、ハンズオン(手で触れて行う)でも、直接的な手技で効果を与えてるのと同時に、生理的(肉体内)やエネルギー的(肉体を超えた領域)でも反応が起こっています。触れて行う、あるいは離れていても、温度など私たちが五感で体感できるアプローチだけで変化が起こっているという訳ではない、という事は、物理的介入だけに依存しないボディワーカーであれば、周知の事実です。

物理学、生理学、化学などの世界で、可視でき定義づけて証明されている事だけが全てではない、ということが、これからの技術の向上(しいては、そういった研究に関わる人達の意識の向上)によって、明らかにされていくのは、大変興味深いし、楽しみです。

それでもやはり、人間の身体は物質的な肉体レベルでも、健やかな状態で使えてナンボ、だとは思いますが(^-^)


(引用元:YOMIURI ONLINE 2013年8月15日掲載記事)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130815-OYT1T00283.htm

東京大の古澤明教授らの研究チームが、光の粒子に乗せた情報をほかの場所に転送する完全な「量子テレポーテーション」に世界で初めて成功したと発表した。



『量子テレポーション』については、Nikonのホームページでもわかりやすく解説されています。

量子学って、真面目に本を読むのは私には難しすぎるのでこういった親切な解説はありがたいです(^_^)

Nikon | 光と人の物語 | 双子の光と量子テレポーション
http://www.nikon.co.jp/channel/light/chap04/sec02/#section3





大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| エネルギーワーク | 16:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リーディング体験(めぐみんシリーズ1)

先日、セラピストのよしだめぐみさん(通称めぐみん)から、クォンタムタッチのセッションとリーディングを受けてきました。

ハートその時のイベントの様子はこちら





めぐみんには、近頃エソテリックヒーリングの臨床モニターとして、継続的なセッションを受けていただいてます。

元々私のロルフィングを受けてくださっていた時からエネルギー的な感受性がとても豊かな上、癒しのパワースポット・セドナでヒーリングの勉強したりと最近ますますパワーアップしている旬なお方なのでフィードバックをもらう相手にはとても良いモデルさんなのです

そんなめぐみんが、我が街、中崎町のご近所で体験セッションのイベントをやるというので行って参りました。会場は、前の私のワークルームがあった建物の隣なので、目と鼻の先。

いつもは私がセッションをさせていただく側で、自分がめぐみんからセッションを受けるという設定は初めてでなんか不思議な感じ

その日は私自身の仕事が終日入っていたので、自分のセッションの合間にめぐみんセッションを受けることに。ちょうどクレニオのセッションが続いていたし、他者の繊細な領域を扱うワークの合間に、自分自身を養うエネルギーワークを受けれてラッキー

質の良いセッションを提供するためには、日頃から自分自身の心身も滋養させておく、これ大切です


今回体験させてもらったのは以下の2つ。

クォンタムタッチはのエネルギーワークです。ハンズオン(手で触れて行う)タイプのセッション。

リーディングは、数秘術と占星術を掛け合わせたものです。


※ 詳しい説明はハートの魔法(めぐみんサイト)を見てね。
ハートhttp://heartnomaho.com



先にリーディングから受けました。
まぁ詳しい内容は プライベートも絡んでるので(笑)企業秘密とさせていただきつつもご報告。


まずは事前に、私の生年月日+出生時刻、それと「リーディングで聞いてみたいテーマ」を尋ねらます。

当日は、それらの情報から、私の本来の性格や価値観などを読み取って、「今」の私に必要なアドバイスをしてくれる、、、といったものでした。


(ここからは少し余談・・・)

私自身は、占星術の情報を見聞きするのは好きな方ですが、こんな風に対面カウンセリング形式のセッションを受ける事は、ロルフィング他、ボディワーク関係のトレーニングで扱う以外ではあまり多くはありません。身体に関する事をしこたまやり続けて、身体からそれに代わる経験を与えてきてもらったような気もします。

特にそういうのが苦手とかではないのですが、今まで「これだ!」と思うほど、自分から行きたいと思う人が居なかったというか、そう情報が入ってなかっただけなのか。若かりし学生の頃でも、友人の付き合いで過去1~2度、街頭の占い師さんに行った程度(^_^)

そもそも他人に聞かなくても、『自分の感性を丁寧に聞いて(感じて)いれば、おおかたの事は間違った方向にいかんだろーて』、『万が一、(原因がどうであれ)物事がいまいちな方向に進んだ時は、そこから学んで次に行ってみよう〜。』…なんて思う傾向があります。

それって長所でも短所でもあるのですが、今までの人生では、判断に迷ったり、途方に暮れることがあっても、最終的には、次の対処をその場その場で選択して自分自身でコマを進め&考えさせられる環境に囲まれてきた事から形成された性格なのかも知れません。(数秘術でみれば、星の配置の影響が既にそうなるように仕込まれているようでもありました)

現在、ロルフィングみたいなボディワークに傾倒して生業にしていることもそういうことなんでしょうかね〜。「重力と調和した身体」「身体感覚を研ぎすませること」が、自分のあるべき姿や心身の状態を示唆してくれるソース(源)である気がします。

そんな風に書いてしまうと、私達の存在(肉体、心、魂)と数秘学(数字)は全く切り離しているかのように思われそうですが、そんなことはないんです。数字や幾何学は、私達の暮らしている世界の様々な分野でも、自然界で起こる現象の中でも、物質の構造そのものにも深い影響を与えているものだという事は、人間の身体や健康について考えるほど深く関係していると感じさせられます。(詳しい解説は専門外なのでパス

「肉体で感じる」ということは、それらの中でも一番末端の、より物質的な領域でそれらの普遍的な摂理を感じ取ろうとする試みなのではないかと個人的には思っています(それはまた、机上の学問で定義したり、目に見えないもの「だけ」で捉えようとするよりも、すごくチャレンジングなことではないかと思います。)ちなみに「肉体で感じる」ことは「肉体を意図して使う」こととは違う気がします。

そんなこともあって、ロルフィングのセッションで身体の観察する視点と、数秘術や占星術の中でその人を分析する視点はなかなか似ているポイントが多いんじゃないかなーと常々思っています。

(長〜い余談はここまで)




そんな訳で、他者にリーディングをしてもらう事自体がとても珍しいことで(ヒーリングを受けることも数年ぶり)、そのくせ、いい加減な事は言われたく(身体にされたく)はないよな〜と内心では思っている節もあるため(←ボディワーカーに多いかも、特に身体に触れられる事については)、そんな久しぶりのセッションも、めぐみんだから安心してお任せできました♪


そんな私のリクエストしたテーマに、的確なアドバイスをくれる、めぐみん。

お、上記に書いたような私の傾向まで、開口一番にズバッ!と切り込みはったぞ(笑)

私の性格や強み弱みをつらつらと一通り列挙していく(爆)

「他人から言われんでも自分でも判ってるわい〜」

と自分では前々から当たり前だと認識できてることでも、改めて言語化されると、一瞬は抵抗する素振りを見せつつも、「やっぱりそうなんや〜」と素直に自分を冷静に客観視できたりする面白さ。

『で結局、これからどないしたらいいのん?』

という話に進むと、

めぐみんからは更なるツッコミがドシドシ入り、とどの詰まり、今の私に言われた事は(簡潔にまとめると)、、、

『今よりもっと腹をくくって仕事をしなはれ

という事でした。
(実際にはもう少し補足がありましたがそこは企業秘密・笑)

『ははーっ!やっぱりそうでっか!ほぅほぅ、確かにそうですわなぁ〜(ふむふむ納得)』

こんな大阪弁ではなかったけど(笑)

今の私に向けられた課題も、まぁ薄々自分で感じてたけど、なるほどリーディングで見ても、そんなんバレバレなのね〜と、これまた素直に納得〜。

素直に聞き入れるのも、私にしては珍しい方やけど、自分でもわかってることやし、数字が示すものは普遍的であると納得してるから、素直に聞いてることも珍しがる事でもないんやろうね、と自分の中で振り返ってみる(^_^)


めぐみん曰く、
『こういう事は自分ではわかってても、言われてみるまで中々行動に移さないもんやなら、これを機にバリバリ頑張ってやぁ〜!』

という応援メッセージをもらったところで時間終了〜。

15分の短い時間でしたが、ちょうどよい区切りで終われたのは、私が関心ある事柄と今の私が聞いておくべきメッセージが明快だったからじゃないかなぁ〜と思います(ここんとこ、なぜか自分がクライアントやのに、セラピスト目線で語ってて我ながら可笑しい)

ご機嫌でリーディングを終えたあと、すぐさま、クォンタムタッチのセッションへ。。。


リーディングが終わってから気づいたのですが、誕生日から割り出した私の性質や在り方が、自分でも既に気づいている事に近い(ギャップがない)状態だと思える事って、なかなか良いんでないかい?

もし、星の配置から導かれる成り行きとは全く違う方向に向かっていたとしたら、その時は自分の事がよくわかってないまま、自分が気づいてなくても、居心地の悪さの中で日々をやり過ごしていただろうな…と思うし、そもそもリーディングで言われた事に違和感を感じてたかもしれない(幸いそんな風にはなっていませんが)。

リーディングって、(やカウンセリングなんかもそうですが)、聞いた答えの内容がどうの、というよりも、自分にとって効率よい情報を得て、どのようにそのメッセージを自分がよりよい生き方に還元するかの参考にすることjなのだと思います。そういう点では、ロルフィングにも似たところがあるなぁ〜と思いますね。

数秘術のリーディング体験、面白かったです!


ここまで書いて、えらい長くなってしまったので、クォンタムタッチの体験セッション話は、後半に書きます。



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| エネルギーワーク | 23:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自閉症のお子さんにクラニオセイクラル

自閉症のお子さんにクラニオセイクラルのワークが大変効果的だったという事例を紹介します。

引用元のサイトはこちら(英語です)
http://www.myfoxorlando.com/story/21221626/cranial-massage-helps-autistic-boy

英語ですが、動画で見るとなんとなく全体の雰囲気はつかんでいただけるかと思います。


(以下に一部翻訳しました)

全ての医師がクラニオセイクラルによる変化を認めている訳ではないが、少なくとも毎日彼と接している家族の目には明らかな変化がみられているので、継続してセッションを受け続けるだろう、とのこと。

『子供が心地よいと思えることなら何でも、学びの助けになる。そのことは私の目からみても明らかです。もし頭と首の並びが重力のライン上に沿って整ったなら、それは脳の機能も良い方向に向かうでしょうし、身体にもエネルギーが満ち流れていくでしょう』

と、母のステファニーさん。



※翻訳文を引用する際は引用元の記載をお願いします。



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| クレニオセイクラル | 20:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2013年8〜9月の営業

8〜9月末までの間、毎週月曜日を定休にさせていただきます。

それ以外は従来通り不定休です(^_^)

もともと不定休で営業させていただいておりますが、クライアントさんの都合よい曜日や時間帯によっては、ふと気がつくと休日がないまま、日々が過ぎていく近頃です (^^;)

スケジュールの流れに変化がでるまでの間、ひとまず月曜を定休扱いにさせていただきます。

最近のご予約ですが、特に土日をご希望の方が続いておりますので、土日をご希望の新規の方はお早めにご検討くださいますようお願いいたします m(_ _)m

今後ともどうぞよろしくお願いいたします

| お知らせ | 20:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。