2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

脳性麻痺の方へのワーク(触れるということ)

先日、アロマセラピスト仲間に頼まれて、アロマテラピー講師のお仕事を代行でしてきました。
前日の夜にアロマ仲間に急な用事が入ったということで、今日の明日という急な依頼にして、アロマを人に教えるのは全く初めて!アロマの経歴はそれなりにあるので、できない事はないだろうという事で引き受けました。

急すぎる話の展開に、前晩から具体的な胸騒ぎを体感していて、当日は大地震か、いつしかのWS当日のようなゲリラ豪雨にでも見舞われるではないかと(大げさに)感じていたのですが(笑)、実はそうではなくて、出会うべくして出会う必要のあった方々と接触することになる予定だったことを現場に行って知ることになりました。

脳性小児麻痺の少女とそのご家族、評判のいい腕を持ちながら手や腕はもう限界に来ているピアニストさん、きっかけは巷によくある「アロマ」でしたが、この方々が、アロマという看板の次に、本当に求めている情報を提供するために、私は今回の機会を得たようでした。

そして、初めてそういった情報や世界に触れる(アロマですら初体験の)彼女達が、いきなり「ロルフィング」的なタッチではなく、ごくごくシンプルでカジュアルな、アロマのオイルマッサージのタッチでこれからの可能性を感じていただけたのは、とても良かったです。これが「ロルフィング入門講座」では、そう気さくに参加されることのなかったであろう人達だから尚更「リラクゼーション」の範疇なりの役割というものを実感しました。そしてまた、全体性の中においては、リラクゼーションやインテグレーションのパラダイムを明確に分ける必要性もかき消されるときがあるのだろうと思いました。

脳性小児麻痺の症例は、これまでにもロルファーの先輩方の体験談やもろもろの情報などから知識として理解していましたが、今回直接目の当たりにして、なんて感受性が豊かなんだろうと感心しました。

・目の前に並ぶアロマオイルの小瓶に嬉しそう。
・心地よい匂いを嗅ぐと、瞬時に(健常者のそれよりもずっと素早く)全身の筋が弛緩する、口元がゆるむ。
・とても気に入ったブレンドにであうと、思わず声があがる。
・あまり好みじゃない香りになると途端に肩がこわばり、股関節が縮む。
・オイルが触れるだけでも気持ちいい、ストロークが1ミリ進むだけでもすぐに全身にリラックスが走ってとろけてしまう。(健常者なら、自覚して「気持ちいい」と感覚を表現に出すまでに少し時間がかかったりする)

脳性麻痺の方へのワークに関しては、これまで私自身の自身と経験のなさから、まだまだ課題があると認識していたので、今回のことで1歩前に進めれる体験をさせていただきました。別の方なんですが、この方との出会いでプチ・カルマがクリアになったようでした。

講師代行の立場であんまり出しゃばってはいけないから、本当なら、私は一遍通りのアロマの基礎講義のカンペを読み上げるだけでも十分、職務を全うしさえすれば、表向きの役割は果たしたのでしょうが、参加者さんの本来のニーズを考えれば「アロマのお姉さん」ぶってもね。私の素性をマスクする必要もないだろうと、結局、「ロルファーによるアロマテラピー基礎講座」になりました。

主催者にとっての顧客満足度を満たすためだけのアロマテラピーは、そこらへんに五万と転がっていますから、今回のケースについては、それで喜ばれたので良かったかな、と。

よい経験をさせていただきました。

------
この日の帰りは、大阪と神戸のJR路線で人身事故や運行トラブルがあり、交通網が大混乱していました。たった1駅で帰れる距離に、1時間近くかけて帰宅。
この日が満月だったからかなぁ〜とか、重なることが重なると、そういう風にも思っちゃいますが(笑)胸騒ぎはこのことだったのかしら(^_^)

自分自身の備忘録として、ここに書かせていただきました。
スポンサーサイト

| ロルフィング | 20:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヒトの発生・胎生を知って自分を理解する

人間が精子から子宮に着床し、胎児に成長する過程を見事なアニメーションで再現したYoutube動画です。

発生・胎生学の観点からカラダの仕組みや機能を知っておくことも、自分の今の身体を理解するためにとても役に立つと思いますのでご紹介します。

お子さんがいるご家庭なら、こうやって人間になっていくんだよって、子供さんに見せるのも良い教育になるのでしょうないでしょうか。

Did u know how you were born (3D animation)
自分がどのようにして生まれてくるか知ってる?


※クリックすると別ウィンドウで開きます。
2つの動画はどちらも同じ内容です。お好みの時間でご覧ください。


(約6分ダイジェストバージョン)



(約14分フルバージョン)




・受精卵から胎児になる段階あたりで、背骨の原型が出てきます。
私たちのカラダの形状のもとになる情報はこの時期の一歩手前、胚子の時期から記憶されていきます。

・今の自分の身体の癖とか大きさ、形、体質って、大人になってしまえば、その要因は主にそれまでの過去の日常習慣や生活環境の要因のせいだと思いがちですが(←大半はそうだと言えますが、)胎児の時期にすでにその要素が記憶されたものが、たまたま30、40、50歳にもなって色濃く出て来たものであるという見方もあります。

クレニオとかロルフィングでは、重力に対して楽な位置や感覚を取り戻すことを通じて、こういう段階の記憶までにアクセスしていこうとするものであり、ヨガとか一般的な身体のストレッチ体操なども、私たちに判りやすいやり方でそれに近づこうとする試みの1つになると思います。

動画の途中、背骨が出現して、赤い心臓と背骨がはっきり見えてきた時の胎児の形に注目してください。

ちょうど、赤ちゃんが自分の心臓に向けて、チュッ!とキスをしている姿勢から、手足が生え、その他の内臓ができ、目玉や耳などの外界との接点となる窓口はその次のステップで発生・進化しはじめます。

まずは、自分の今ある身体を愛し、慈しめるようになってからじゃないと、自分の周囲のことを構ったり、それとバランスを保っていくことが出来ないってことです。


動画の中の赤ちゃんは、お母さんのお腹の中の狭い空間の中でも、ものすごく自由に動き回って、泣いたり、笑ったり、手足を動かしているんだけど、地上に出て来てからの私たちは途端に、制限・制約のある世界に自分を押し込めるようになりますね。

出来るだけ、制約・制限(自分が自分に設けた制約も含め)にとらわれない身体でありたいものです。

普通に生活してる分には、外の世界のことばかり気にしたり、他人の言うことに左右されたりする人も多くて、それに惑わされて自分のことを大事に出来てない人や、自分のことを判ってないままアタフタしている人もいるのですが、そういう人こそ、自分の身体や心のことをきちんと学ぶ必要があります。

自分の身体の仕組みや造りは、医者じゃなくても、ある程度知ってて、自分でも自分の身体の状態のことがわかるようになると、色んな意味で、生きやすくなるのではないかと思います。

この動画のビジュアルイメージから、そんなインスピレーションを与えてくれる気がします。

| 「身」からだ | 23:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。