FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マッサージや矯正とは何か違う

ロルファー仲間なつこさんのクライアントさんの体験談がとてもツボにはまりましたのでご紹介させていただきます。

ロルフィングって、何にも知らなくても、「身体で感じる」がよくわからんわ〜(^_^)な感じのままに受けていただいても、それなりに変容します。

それでももちろんオッケーなんですが、この方のような気づきがあるとないでは、受けた後にも残る変化の余韻の段階では、身体への気づきに対する奥行き感がひと味違ってくる結果になりやすい傾向があることは確かです。

(ロルファーなつこさんのブログ)
http://rolfing.namaste.jp/client17.html
『ロルフィングには、今まで僕が体験してきたマッサージや矯正などとは明らかに一線を越えているなと思う部分があります。』




| ロルフィング体験談 | 14:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロルフィング体験談(9)

ロルフィング10シリーズを終えたクライアント様から体験談をいただきました。

Mさんは、フィットネスクラブで運動指導やピラティスレッスンをされる傍ら、ビジョン心理学の勉強もされていて、心身への飽くなき探究心からロルフィングを受けられました。

<ロルフィングの感想>

M.M さん(女性・40歳)
フィットネスインストラクター & 詩を書く人

ロルフィングを受けてすごくよかったです。
一生ものだなと今では思っています。
そもそも、始まりは、トレーナーの一言でした。

私は、その当時スポーツジムのインストラクターで運動指導、ピラティスレッスンを担当していました。TRXというトレーニングプログラム研修があり、その講師が、自己紹介で「アメリカで筋膜に働きかける手技も勉強した・・・」というようなことを話していたのがミョウに耳にこびりついていて、しかもすごく素敵な先生だったのです。この素敵な先生が勉強したのはなんだろう?と気になっていました。それがロルフィングでした。そして、この先生もロルファーだったのです。

その後、心理カウンセリングの本の中でも身体から心を解放する手法としてロルフィングを見つけて、さらに興味を増し、スピリチュアル的な心理学を勉強した私は先輩にもロルファーさんがいることを発見し、その先輩にロルフィングを受けることを相談し、そして、宮本さんにめぐり合いました。

ロルフィングは将に身体から心を解放するプログラムだと感じました。

私自身は身体に特に大きな不調部分はありませんでした。
しかし、セッションの中で、これまでの人生で経験してきた身体への怪我や変化などを思い出してきました。例えば、中学まで左手首にガングリオンがあったとか、自転車でこけて右ひざを痛めたことがあるとか・・。そんな過去の身体への影響が今にもあるんだという気付きをえました。普段は忘れているんですがね。

1回目~10回目にかけて私の身体は変化しました。

受ける以前は、職業がら、いい姿勢でいなくてはいけませんでしたし、いい姿勢がどんな形状かというのも頭に入っていたのでそれの形になろうと身体が頑張っていたようです。ですので、音で表現すれば、ガッチガッチカチッという体つきでした。セッション終わってからはふんわりとしました。そんなに頑張らなくても、身体はいいポジションで使うことが出来、そして楽なんだよーということがわかったんです。

びっくりしたのはウエストが出来上がった!(生まれた)ことです。下腹部がぽこっと出るのに抵抗があり、クラブのレッスンでもお腹を引き上げてと、よく伝えていましたが、ロルフィングでは逆で、それをしていくことで、、これは私の見解ですが、、下腹部を引き上げていた分内蔵がわき腹に追いやられていたのが緩ましたことで元の位置にもどりそして、ウエストが出来たのかななんて思います。

宮本さんから受けるセッション前の説明からも多くの学びをうけました。
今まで、立つということは、自分の筋肉の力だけで行っていると思っていたのですが、実は、重力、地球、地面のおかげで立てていて、これらの力で立たしてもらっている、この重力と自分の力の共同作業で動きが生まれていることを知ったのも大きかったです。ピラティスレッスンでも重力に打ち勝つ!なんて力の入った伝え方をしていたのですが、今は教えてもらったことを入れて緩ますことや、重力を利用することを伝えれるようになりました。人というか、命というものは、多くの力に支えられて生きているんだなと身体を通して知りました。すごいです!

最後に宮本さんの手が温かいことがとてもほっとしていました。私の手はとても冷たいものですから、温かい手に触れると心が落ち着くものですね。何度か寝てましたけど、この眠りがまた、心地よかったです。

ありがとうございました。



近頃は、ロルファー仲間や先輩からのご紹介で、私のところにロルフィングを受けに来てくださる方が増えてきています。Mさんもそんなご縁の繋がりでご一緒させていただきました。Mさんのロルフィング体験が、お仕事の現場では1人1人の生徒さんに還元され、プライベートではご自身の個人としての気づきに還元され、さらに周囲の人達に伝わっていけば、こんなに嬉しいことはありません。

Mさんによる「ロルフィングの感想(ポエム版)」はこちら!

  



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| ロルフィング体験談 | 19:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロルフィング体験談(70歳女性)

ロルフィングのご感想をいただきました。

バイタルなびのホームページに書き込んでいただいたものをこちらに転載いたします。


にっこPさん(お母様の代筆)
お店に行った目的:体調不良、メンテナンス・ケア
行った時の体調:腰痛、全身疲労

コメント

(母がお世話になりました。自身では書き込みができないので代筆いたします)
母は若い頃から腰が悪く、牽引に通っていた時期もあるのですが、最近は70歳という高齢で、病院へ行っても「トシのせい」という処理をされていました。
第三者から見ると、腰が曲がった歩き方で、本人も長く歩くと疲れるということで、ゆっくり10分が精一杯。
しかし、1回目を受けた後、本人自身、歩くのがとても楽だったとのこと。第三者からみても、歩く姿勢だけではなく、座っている姿勢もシャンとした感じでした。宮本さんの柔らかく暖かい手にも癒されるとのことでした。

半ばで、脚をさわれれているのに、腕がだるくて痛くてたまらない。ということが何度かあったようですが、それも乗り越えることができたようです。

9回目を終えた頃、久しぶりに会った友達にも、歩く後ろ姿が以前と全然違う!と言ってもらえたそうです。10回を終えて、10分ぐらいであれば歩けるようになったので、少しずつ歩いてみようかな、と。

トシをとると骨の関係もあると思いますが、決してそれだけでなく、今回ロルフィングを受けて本当に良かったと申しています。

親子でお世話になりました。ありがとうございました。




最初に娘さんがロルフィングを受けられて、私のタッチの仕方やロルフィングのアプローチ法を気に入っていただき、

これならお母さんにも向いてるかもー!」

ということで、ご紹介をいただきました。

親子さんやご家族同士で紹介いただくケースは結構多いです。

この親子のように、自分達の身体のことを家族間で気さくにシェアしたり、情報交換をしあえる環境って、当たり前のようでいて実はとても大切にしたい環境です。

お一人でロルフィングを探してきて受けている方も多いですが、家族や友人があまりロルフィングのことを知らないとか懐疑的な印象を持っている人もいて、なかなかうまくロルフィングでの良い体験をシェアする相手がいないとおっしゃる方もみられるので、そういう人にとっては羨ましい環境ですね

 * * * * *

さて、こちらのお母様はご高齢で、骨粗しょう症と腰椎すべり症の治療中でしたが、病院では細かくフォローされることのない観点で、身体に負担のない動きを助けるためのワークを中心に行いました。

骨粗しょう症や筋力低下などの「老化」というものは決して避けて通ることはできませんが、その分、年齢や(正しい)経験を重なるほどに人間の身体は、より「洗練」させていくことが可能です。


今回の体験談は、バイタルなびのサイトに書き込んでいただきましたが、その他のロルフィング体験談は、

私のホームページ(ease of being) と、
バイタルなびのクチコミ欄

のそれぞれでお読みいただけます。

あちこちバラバラに点在しておりますが(汗)
そろそろ体験談や症例の情報をどこかでひとまとめに整頓した方が良さそうですね…ぬぬ。


nobiconよろしければクリック&拍手にポチッとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ ボディワークへにほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ
 にほんブログ村


大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。

| ロルフィング体験談 | 21:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

歯科治療と詰め物

今日はふたたび歯医者さんに行きました。

Oリングテストで身体が求めた詰め物とクラウン(冠)を奥歯2本に装着しました。

身体によい金属だから、いつものように、診察の後の身体の不快感はないのは予想してましたが、歯医者さんからの帰り道を歩いていて、足腰がすごく快適に歩けているのに気づき、またもやルンルン気分で帰宅しました♪

今回入れたのは右の奥歯でしたが、治療後すぐに左の腰(腰方形筋)が特にリリースされたのを感じました。(おもしろ~い!)


噛み合わせと身体のコンディションがリンクしているのをすぐに感じれるのは、やはり職業柄もあるのでしょう。自慢じゃないけど(笑)おそらくほんの数ミリの変化も感じ取れているような気がします。今回の詰め物装着は、歯医者さんのクラウンや詰め物の成型作業がとても良い出来だったことの証明です。

ロルフィングを受けるだけでは解決できない部分だったのでしょうか。

今日処置してもらったばかりなので、浮かれてばかりはいないで、またこれから暫くの間、新しい噛み合わせによる影響をじっくり身体で観察していこうと思っています。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------
3週間ほど前に、身体によくない金属を除去する工程を再開しましたが、削る時に(仕方なく)口内に飛び散った金属に触れたことで、近頃の私の皮膚や感覚器は普段よりも敏感になっていたので、今日に至るまでの約2週間ほどは、どことなく肌に湿疹ができやすいとか、口内炎が出来ていました。今日の処置が、口内をいじられる最後の日ですから、もうしばらくの辛抱!と意を決して診察台に上がりました(すごい大げさ!)

そんな風に覚悟を決めて、治療を受けたのですが、今日は新しい詰め物そのものよりも、先生や助手さんがはめているゴム手袋が唇やホッペに触れるだけで、ケミカルな違和感を感じて肌がピリピリしていました。

そのため先生達は、敏感体質の私のために、テキパキと処置をおわらせないといけない羽目に…

我ながら、医者泣かせの身体でどうもすみませんです、ハイ(笑)


私のロルフィング・セッションでは、ゴム手袋は使いません。(クライアントさんのゴムアレルギーを考慮してのこともありますが、何より私自身が人一倍敏感だからです)代わりにパウダーフリーのプラスティック手袋です。(この点はエコではないのですが…)

なので本音を言えば、私の歯医者さんにも出来れば使って欲しくないなぁ・・・と内心思うものの、そんなに要求の多い患者になっても、いつも混んでいる歯医者さんを困らせてしまうし、彼らの作業が効率よく進まないので、ある程度の敏感さを伝えてはみるも、私自身は最低限の処置が終わるまで我慢しました。

(注)ロルフィングのセッションではこういった「我慢」は禁物ですよ(^^)b





---------∞☆∞-------------
私の診察台の横では、新患の人が来ていて、ちょうど先生と一緒にOリングテストを実施していました。悪い金属の除去前の身体の状態と、それが何番の歯の詰め物によるものかを検査する作業のようでした。

自分は診察台で処置を受けつつ、横目でチラチラとその様子を眺める私。

私:
『先生のおっしゃるとおり、確かに歯の詰め物のせいで、根本的な生体エネルギーが弱まっているのも一因だろうけど、必ずしもそれだけではないでしょうよ。』

と先生と患者さんの話に耳をそばだてながら、心の中でつぶやいていたのでありました(笑)


私達の周囲には、Oリングテストによる治療であれ、ロルフィングであれ、他にも数多くの身体に良いとされる療法(や代替療法)の選択肢がありますが、「何かを処置したから、楽になった」という、不足を補ったり悪い物質を除去するだけの処置だと、自分の身体感覚に注目するチャンスを見失なうことがあったりします。

自戒もこめて、身体に良いことは、単に情報や他人の評判だけでむやみに飛びつくのではなく、自分自身に合っているかどうかを慎重に感じながらトライしたいものだと思いました。


---------∞☆∞-------------

ここのところのブログはすっかり歯医者ネタになってしまいましたね★


| ロルフィング体験談 | 19:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロルフィング体験談 (7)

体験談(7)、連投です。

※こちらに掲載しています。
  http://easeofbeing.jp/voice.html#voice07


今までご一緒させていただいたクライアントさんの中では、最高齢でいらっしゃいます。(2008年1月現在)

ご高齢の方や年配の女性へのロルフィングは、特に骨粗鬆症や筋肉組織の衰えに十分配慮をしながら進行させていただいています。

それでも、ロルフィングを受けていくにつれて、筋膜組織の可塑性(水分が適度に満たされ柔軟性を保っていること)が回復していく様子は、年齢・性別を問わず、皆さん同じであると、日々のプラクティスを通じて実感します。


今回のクライアント様を通じて、ロルフィングによる変化の幅は、年齢よりもむしろ、その人の感性によるものが大いに影響していることを、強く確信することが出来、とても勉強になりました。

感想文のために筆をとっていただいたことに感謝いたします。
ありがとうございました

| ロルフィング体験談 | 19:54 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロルフィング体験談(6)

ロルフィングの体験談をご提供いただきました。
Nさん、ありがとうございます。

http://easeofbeing.jp/voice.html#voice06


体験談を書いてくださったNさんは、スケジュールの都合により、第4~第7までのコアセッションを1日置きに受け、残り3回の統合セッションは、各セッションとセッションの間を長い期間をあけながら終了しました。

≫ 続きを読む…

| ロルフィング体験談 | 05:31 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロルフィング体験談 (5)

ロルフィングの体験談をいただきました。

http://easeofbeing.jp/voice.html#voice05

ロルフィングを受けて、単に「緩む」とか「楽になった」を感じるだけでなく、ふとした瞬間に自分の姿勢や身体の状態を見直そうとする普段の心がけも、ロルフィングを受けていく中での大事なポイントです。

常に探究心や好奇心をお持ちの方は、ロルフィングをきっかけに身体の感性をより研ぎ澄まされていくケースが比較的多いように感じます。

やっぱり個人差はあるのですが、

単なるリラクゼーションには終わらない、

それがロルフィングです。

| ロルフィング体験談 | 19:21 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロルフィング体験談(3)

久しぶりに体験談のアップです。

http://easeofbeing.jp/voice.html#voice03

カウンセラーのなおさんが
これから少しずつご自身のホームページに連載を書いてくださるそうです。
どんなことを書いてくださるのやら?
私は内心ドキドキです。

自分のことが書かれているのは何度見ても照れくさいもんです。

| ロルフィング体験談 | 22:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT