FC2ブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

エソテリック・ヒーリングご感想〜以前よりも楽に居られるように。

エソテリック・ヒーリング(秘教治療)のご感想をいただきました。

数年前にロルフィング10シリーズを別のロルファーから受けられ、それ以来、腰痛で悩むことがすっかりなくなったそうです。

その後も、自分の興味が、ますます、人の身体や心に良いものへと向かうようになり、そんな矢先にエソテリック・ヒーリングのことをお知りになられたそうです。


匿名希望 さん(51歳・男性)会社員


受ける前の状態・受けるきっかけ

身体的には、初めてのロルフィング10回シリーズ以降、腰痛で困ることはなくなったが、今でも首の後ろ、頸椎あたりがコリやすいことが気になっている。それは緊張しやすい性格からも来ている気がしている。
心理的には、サラリーマン以外に何か自分にできることをやってみたい気分。

EH(エソテリック・ヒーリング)の施術者の役割は、癒しが起こることを促進するための介添人、受け手の魂の計画に基づいたヒーリングが起きるようにすると、ネットで紹介されていました。最近、ボディワークで、身体、心のつながりを感じる機会が増えていて、さらに魂とのつながりにも関心があったので、EHを受けることにしました。


エソテリック・ヒーリングを受けてみて

EHでは、ベッドに寝て、又は椅子に腰かけた状態でセッションを受けました。

初回から4回目までは、徐々に自分の身体や感覚がリラックスして、エネルギーフィールドを感じられました。

最後の5回目、宮本さんから、だいぶ柔らかい感じになってきたので、今日は深く進みそうですと声をかけられました。

私もそんな気がしました。

セッションが進むうちに、一つ一つのチャクラからエネルギーが流れ出し、ダイナミックな感覚がしばらく続き、次第にそれらが統合され静かに収まっていくようでした。

EHの体験を終えてから、1か月程度ですが、徐々に何か動き出しているように感じます。

例えば、家族や同僚との距離感が縮まり、街角で偶然出会った人達と親しくなったり、そっと手で人の身体に触れたとき、以前より、相手の自己調整力が働き出しやくなりました。また、街の木々、山々や、朝やけ、自然がなんとなく身近に感じるようになりました。EHはセッション後も、ゆっくりと効果があるようです。

ところで、私の魂の計画ってなんだろう?
人類などの生物、石などの物質、星、宇宙、そもそもはすべて一つの魂であり、私たちはその一滴であるというお話を伺ったことがあります。ひょっとしたら、そのことに気づかされていくことなのかもしれません。

毎日、相変わらず、いろんな出来事がありますが、以前より、柔らかく、楽にいられるような気がします。

宮本さん、どうもありがとうございました。






※ エソテリック・ヒーリングは、肉体も含めた上で肉体を超えた領域を扱うワークであるため、体験や感じ方には個人差があります。



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


スポンサーサイト

| エソテリック・ヒーリング感想 | 09:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エソテリック・ヒーリングご感想〜その都度の変化に順応できる自分へ

エソテリック・ヒーリング(秘教治療)のご感想をいただきました。

5年前に、ロルフムーブメントのワークショップに参加していただいてから、その後、ロルフィング10シリーズやバイオダイナミクス/クレニオワークを受けに通ってくださっています。


M . S さん(45歳・女性)
シューフィッター(靴合わせの専門家)


受ける前の状態

これを受ける半年ほど前に、過労とストレスから急に胃に激痛が起こり救急入院しました。病院では、位置的に膵炎の疑いをみられ、周辺に関するあらゆる検査をしたものの、どこにも異常なし(原因不明)との診断。強い鎮痛剤を服用しても薬は効かず、入院期間は計20日間になりました。

退院後も、冬から春にかけて、冬季うつのようなヤル気の上がらない状態が続き、体とメンタルの両方が空っぽになってしまった感じでした。安定剤も常用していました。

半年たっても、体力を取り戻すための活動的な運動はまだ出来そうになかったので、瞑想的なことを取り入れたボディワークを探していたところ、エソテリック・ヒーリングの5回コースがあったので申し込みました。




(約1ヶ月の間に、計5回ご来店いただきました)


受けた後の状態(5回を終えて約1ヶ月後)


あれから安定剤は一回も飲まずにいけるようになりました。不安感はなく、瞑想も落ち着いて出来そうな感じです。

最近、急にビックリするほど「わき汗」が出るようになりました。病院では更年期障害の1つではないかと言われていますが、生理周期とも関係あるような気がします。単に夜更かしや、体を動かしてないツケが来たのかな…?。

引き続き、それら全てを統合させてスッキリ循環させていきたいと思っています。




(5回のセッションの体験をふまえての、まとめ)


全回を通して感じたこと。エソテリック・ヒーリングへの印象。

1ヶ月間、毎週おきの変化を体験した事で、定点的に自分を観察できたのと、身体は、毎回が心地よいばかりではなく、受けるたびに楽になっていくばかりでもなく、アップしたらダウンもある…みたいな。波に揺れながらも、その都度の変化に順応できる自分になれた気がします。

以前の私なら「良くなりたい!」という意識(期待)が強すぎて、しんどい変化が起こると過剰に意識したり、落胆してしまいがちでしたが、それも緩やかに受け止めれるようになってきました。

このことは、私の場合、エソテリック・ヒーリングから入らずに、先に、宮本先生のロルフ・ムーブメントのワークショップ(グループレッスン)→ ロルフィング10シリーズ → クレニオワーク→ エソテリック・ヒーリング…という順番で、徐々に、色んな角度からカラダの学びをしてきた事が大きいと感じています。

gerbera_400-265_bokasi.jpg

(ご感想はここまで)





以下は、各セッション毎のご感想です。

※ エソテリック・ヒーリングは肉体を超えた領域を扱うワークであるため、体験や感じ方には個人差があります。


各セッション毎のご感想

● 1回目

・足や手の指先の隅々に生暖かいものが流れるのを感じた。
・体液?が身体じゅうに行き渡った(手足の隅々までお湯で満たされるような)感じになり、足元の存在感がハッキリしてきた。
・足裏が地面に吸い付き、グラウンディング感。
・足裏から上のパーツが柔らかく楽に立てるように。
・その日の帰り道で「姿勢が良くなっている!」
・歩行の安定感がすごかったので、思わず先生にメールでお知らせしたくなるような気分でした。

その後、仕事の打ち合せがあり、そこで緊張したせいか、肩が張り、身体のねじれや緊張を感じました。自分の思考からくる、体のクセの出方や変化に対して、今までより自覚的になりました。


● 2回目

・セッション中、いろいろな場面が出てきた。小さな画面に物語のショートフィルムを観ているみたい。
・トイレの水を流したようなシャーという音と、頭から足元へ水が流れ落ちる感触があった。
・クチナシの香りがした。
・1回目と同様、帰り道での姿勢が良くなっていた。


● 3回目

・椅子に座って受け始めました。
・途中から急に目眩がし、気分が悪くなる。あぶら汗、お腹が痛くなり、目がチカチカしてきた。このときは1~2回目と違い、上に吸い上げられるような感覚があり、恐怖感や不安感として感じました(宮本先生とのこれまでの信頼関係がなく、初対面でこのような体験をしていたら、たぶんびっくりしてパニックになっていたかも知れません。)
・座っていられなくなったので、ベッドに横にならせてもらいました。
・自分の反応に焦りながらも、今まで受けて来たワークから学んだことを思い出し、自分を落ち着かせることが出来る、と自分を信頼し、落ち着くまで呼吸に意識を向けていました。
・セッションが終わってから、すぐに生理がきて、身体が楽になったので、もしかしたら、セッション中の反応は恐怖体験ではなく、生理に伴って身体が大きく変化する日と、セッションが重なっていただけかも知れない、と今は推測します。


●4回目

・前回のように途中で恐怖感やしんどくなるのが心配なので、始めからベッドで寝て受ける。
・セッション中、身体全体のイメージが出てきて、自分自身が、自分の頭から足のつま先、つま先から頭へとCTでスキャンされていくような映像が出て来た。これも初めてのことで面白かった。


●5回目

最終回だから総括するような事が起こるのかと思いましたが、これまでのような事は何もなく、ただベッドでゆったり横になり、目立った反応はないまま静かに終わりました。






Sさん、ご感想ありがとうございました



Sさんは、数年前にロルフィングを体験されて以来、当サロンで提供している各種ワークを、ご自身の体調管理や心身の気づきのプロセスを手助けするものとしてご利用くださっていて、セッションを受けに来るタイミングも、ご自身にとって必要と思える時期の要所要所でお越しになられています。

今回は、セッションで体験したことをご感想文の形で書いていただきましたが、とりわけエネルギーワークでの体験は、五感や意識の気づきとして実感できるものもあれば、体験していても意識の中では気づかないままのものも多くあります。

実際には気づいていない領域の方が殆どを占めていますから、それらの全てを言語化して事象を表現することは完全にはできません。文章に表現できていることは、起こっている全ての中の、ほんの1コマにしか過ぎないのです(ある一瞬の、ある1つの視点から見えた、ある1つの事象)。


そこで感じたことや体験したことには、何らかの意味があるものもあれば、何の意味もないものもあります。


何か特別な変化を体験できたから、すご〜い!というものでもありません。


何かを体験する(あるいは「何も体験しない」という体験をする)中で、そこから自分はどういった事に気づいていくか?学んでいくのか?という事の方が大切ではないかと思います。


そのプロセスを邪魔しないために、


先に起こりうることへの期待と先入観を過度に持たない。

時間の経過と共に自分を観察しづつける。



そのような態度は、わざわざ時間と場所をしつらえた中で瞑想的なワークをしなくとも、丁寧に訓練していけば、普段の何気ない日常生活の中でも養っていくことはできます。


これって、近頃よく耳にすることが多くなった

「マインドフルネス」な状態

に似ていると思います。


今の自分に「気づく」ことをひたすらやり続けている。

自分の今ここでの感覚や感情に気づくこと。

新しい情報や変化の可能性を受け入れ、起きることを色んな角度から捉える(そういった余裕をもつ)

起きた結果よりも、このようなプロセス(課程)を大切にする。


それを続けている中で、心身の不調や悩みは癒されていくのだと思います。



エソテリック的な観点からすれば、

魂の計画にとって必要のない不調や病は自然となくなる、

という方向に向かっていくことができるとも言えます。


それができるためには、まずは器としての「肉体」が整っている事はとても大切。


規則正しい生活習慣や食べ物、適度な運動はもちろんのこと、出来ればストレスのない生活を心掛けたり(これは私自身もいつも課題です ^^; )、必要に応じて専門のセラピストに整えてもらったりするとよいでしょう。


「重力のライン上に整列し、そのライン上で楽に動ける」肉体へ。

「からだの全ての細胞に行き渡るような、液の呼吸ができる」組織の状態へ。


肉体が重力のライン上で機能することができるようになれば、そこには自然とエネルギーが流れてきまます。

当然、ヒーリングやエネルギーワークを受けるときの反応もよくなってきます。

私のところなら、ロルフィング、バイオダイナミクスやクレニオワーク等でお手伝いさせていただく事ができますので、必要な方はどうぞお声かけください。


エソテリック・ヒーリング臨床モニターはまだしばらく継続して参ります。





大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| エソテリック・ヒーリング感想 | 00:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エソテリック・ヒーリングご感想 〜 右半身のこわばりが軽くなり、呼吸がしやすくなった!

エソテリック・ヒーリング(秘教治療)のご感想をいただきました。

既に 当サロン ease of being で、15回の特別プログラム(ロルフィング10回+補完ワーク5回のコース) を体験されている方です。すべて受け終えた後は、不定期で メンテナンス・セッション に通ってくださっています。

エソテリック・ヒーリングを 5回連続で受けてくださいました。


T.O さん(29歳・女性) 保育士 ・ ヨガ愛好家


受ける前の状態

私自身は大きな病気はしていなかったのですが、右半身の強張りがやたら気になる。

瞑想やグランディングができていない状態が多かったので、精神面の安定などを期待して受けました。


セッション中に起こったこと・体験したこと


そのときその時に、必要なヒーリングが行われる、と言う感じがして、毎回違う感覚でした。


・施術中の空や無の感覚は、瞑想しているようでした。

・印象に残っているのは、施術中はずっと、無や空のような感覚で、真っ白な世界に、高温の電子音が静かにスーと流れているのが続いた事です。

・先生の始めの誘導のような、呼吸や意識の持ち方の言葉がけがよくて、気分が切り替えれた。

・前半のセッションでは、よく頭が後ろに引っ張られては、姿勢が自然に矯正され、頭のごちゃごちゃしたエネルギーが抜けていく感覚も多くあった。



セッションが終わった直後の状態・感覚

・終わった後に感じた、久々のグランディングの状態が嬉しかった。
 安心感、安定感を感じた。

・仕事の疲労から、後頭部に突っ張った頭痛がある状態で施術を受けた日は、施術中はいつのまにか消えてて、終わるとまた突っ張りが出てきたこともあった。


5回のセッションを振り返って

・受けた後のグランディングと、それに伴う安心感や、精神面での安定感を感じている。
 右半身の強張りが軽くなり、些細な事にフォーカスしなくなった。
 全体性を捉える感覚ができた。

・呼吸がしやすくなった!

・エソテリック・ヒーリングを受けている期間中に、別所でチャンネリングコースを学んでいて、そこでは内観の練習や、自分と向き合ったり、客観性や全体性を捉える練習をしていましたが、なかなか難しく、できない自分に落ち込んだりと不安定でした。

そんな中でしたので、貴代先生の誘導やヒーリングには癒される事が多かったです。
見えない世界を取り扱っていて、自分自身が学んでいる事と共通することも多く、実際に感じる事で勉強になりました。

また、よろしくお願いします~

meditation.jpg



T さま、ご感想いただき、ありがとございました


エソテリック・ヒーリング臨床モニター募集中です。



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| エソテリック・ヒーリング感想 | 03:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エソテリック・ヒーリングご感想〜思考が止まり、無の状態へ

エソテリック・ヒーリング(秘教治療)のご感想をいただきました。

以前からバイオダイナミクス・オステオパシー/クレニオワークを受けていただいてましたが、今回はエソテリックヒーリングを集中して計6回連続で受けていただきました。


A.Kさん(66歳・女性)主婦・ヨガと太極拳の教師


受ける前の状態

何かチェンジする時だ!と思っていました。
何?と問われれば言葉で表すことは出来ないのですが・・・
そんな時、貴代さんがエソテリック・ヒーリングをやり始めたと聞き、即応募。(思い立ったが吉日)

セッション中に起こったこと・体験したこと

足が急に暖かくなったり、「あっ、今身体の力が抜けた」と分かりました。

不思議な感覚でした。

思考が止まり、無の状態と言えばいいのでしょうか、
エネルギーに包まれて、満たされ、落ち着いていく自分を視ていました。


セッションが終わった直後の状態・感覚

帰り道は、足取りが軽くなっていました。
多分、身体全体が軽くなっていたのだと思います。
家でよく瞑想をしますが、なにか物足りなく、これが理想の瞑想状態ではないかと感じました。身体も、心も、充電される感じです。


セッションが終わって

すべてはエネルギーで繋がっていると思いました。
6回のセッションに通っている間に、たまたま別のところでヒーリングのトレーニングを受けたことで相乗効果もあったのか、自分の身体が発光体のように感じ『 宇宙は波動で出来ている 』という言葉もスンナリ入ってきます。

セッションして下さった貴代さんに感謝です。

また、ここまで導いて下さった方々、目には見えない沢山の霊(スピリット)にも感謝します。感情に揺れることがあっても、自分を信じて、力強く生きて行きます!!

グッドタイミングで受けることが出来たと思っています。
ありがとうございました。

cosmos_resonance.jpg



AKさんはとても素敵な感性をお持ちの方で、毎回お会いするたびに、エネルギーに満ち溢れた安定感を増していかれていました。

セッションに同席させていただいたことに感謝いたします


エソテリック・ヒーリング臨床モニター募集中です。



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| エソテリック・ヒーリング感想 | 16:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エソテリック・ヒーリングご感想 〜犠牲的に働いてしまう自分から抜け出す

エソテリック・ヒーリング(秘教治療)のご感想です。


ご感想を書いてくださったのは、
4年前にわたしのロルフィング10シリーズを受けてくださった、セラピストの中野さん


今回はご自身の中での転換期を迎えている事を感じ、
自分へのケアとして、変化が見られるまでに計5回、通ってくださいました。


途中経過は、ご自身のブログでもエソテリック・ヒーリング体験を振り返っておられますが、時系列を判りやすくするために、最後のセッションを受け終えたあと私にお送りいただいた感想文に、ブログの内容を差し込んでご紹介します。


※ 個人の感想です。エソテリック・ヒーリングの体験は人によって異なります。


また、体験したことを言語化したり、感想文として公開する行為については、私自身の中でいろいろ思うところがあるのですがまた別の記事にしてまとめたいなぁ~と思っています。

ひとまずは、感想文をどうぞ


エソテリック・ヒーリングのご感想
(セラピスト中野さま・女性)

エソテリック・ヒーリングを5回終えて、変化を感じてみました。

宮本先生は、肉体の疲れはもちろん、エネルギー的な目に見えない領域を整えてくださいます。

受けようと思った動機・きっかけ

エソテリック・ヒーリングを受けたきっかけは、
具体的には、身体の右側に偏ってる不調を感じていたため。


まず1回目を受けた時に先生に伝えたのが、
身体の右側半分がいつも痛くて、小学校の時から捻挫や骨折は右手、右足。

最近では、内臓なのか、右脇腹の後ろ辺りに痛みを感じているということ。


で、感覚的には、右側がとても頑張っていて、
それは自分の父ととても似ていて、
人のお役に立つためにいつも頑張っている。
そんな姿と自分の右側が似てた。

そこから、ヒーリングの必要性を感じて、エソテリック・ヒーリングを受けました。


1回目から2回目の間

自分の中で右半身にいつも疲れがあって感覚的に遺伝的ななものだと確信するところがあったので、意識的に変化を感じてみました。

いつものセッションだと、自分の中で見つかった課題に取り組むことは、ヘビーだったりするのですが、変化はとてもスムーズに移行していきました。
(宮本補足:こういうワークを沢山受け慣れておられる方ならではのコメントかも知れません)


1~3回目のあと

普段からアルコールが好きで毎晩飲む方なのですが、1回目受けてからはまったく飲まなくなって、
いつもの晩酌も、熱いお茶を飲む習慣に変わりました。

そのおかげもあって、
2回目のエソテリックを受ける時には右側の違和感がマシになってました。

で、2回目から1週間くらい空いた3回目のあとは、アルコールを飲む日もあるけども、健康な感じ。

その間、いろんな人に接する機会があったけど、人の話や表情に変に反応する事もなく、ナチュラルに過ごせました。雰囲気としては、刺激がなくても、毎日の当たり前の日常にくつろいで、リラックスしてる感じでした。

「今」にくつろげるようになってます。


3回目以降~

言葉ではうまく表現できないのですが、
軽さが増して、
あらゆる状況に愛と感謝が起こる感じ


4~5回目のあと

後半の2回を受けたあとは、
右側の不調よりも、日々の出来事の中にステキな発見があり、楽しいことに目が行くようになりました。


ーーー そのステキな発見とは、

「とても疲れていても、
 犠牲的に働いてしまう自分」

から抜け出しているということ。


いつもなら疲れてしまうような環境に行っても(変に気を使ったり、笑顔でいたり、話を盛り上げたりなど)、疲れることがなく、ナチュラルに過ごすことが出来ているのが自分でも驚きでした。


計5回を終えてみて


今、自分がどう過ごしたいのかを感じて、やりたいことがやれる。

それを自分に許していることで、少し頑固さや、頑張り屋さんがぬけてきたのかぁ。と感じます。


宮本先生。ステキなヒーリングをありがとうございました


--------------
中野さんのブログ
エソテリック・ヒーリング5回受けてスッキリ♫
http://ameblo.jp/y-plus-s/entry-12106595615.html



中野さんのご感想を拝見して、

今、起きている変化をゆっくり観察しようとするスペース(遊び、すきま)をお持ちでいらっしゃるのが印象に残りました。


セラピストや治療家など、健康に携わることをしている人は、職業柄もあって、自分がケアを受ける側のときにも、身体のことがわかるが故に、つい変化を詳しく分析したくなる…という傾向があったりします。。

私自身も、その傾向が出てくることがあるのですが…

それは、本来自然にしていれば引き出せるはずの変化の可能性を目減りさせてしまうことがあります。

なので、変化を受け入れるためには、適度な「すきま」、スペースが必要です。

もちろん肉体の痛みを取る目的で取りかかる場合は、きっちり分析したりする視点が大切になってくる場合もあります(そして、時には西洋医学のお世話になる必要もあるかも知れません)。

しかし、外面(構造的)な問題が、内面の状態と関係していそうな場合には、

「その人の症状や部位ではなく、全体として健やかな状態」

であることが大前提で、細かい部分の症状改善への働きかけがうまく行きやすいです。

繊細なワークや、目に見えないエネルギーを扱うワークになるほど、
施術者側も、受け手であるクライアント側の人為的な意図や思惑を超えたところからのサポートがやってきますから、私達の分析的な傾向は、少しの間、横に置いてから取りかかる方が、ポジティブな作用を生み出しやすいということもあるのではないでしょうか。


最後の方は、ブログテーマから外れた内容になってしまいましたが…


私自身も、自分が疲れている時には他のボディワークのお仲間からメンテナンスを受ける機会はあるのですが、これはもっと見習わなくては!…と自分に振り返るきっかけになりました。


エソテリック・ヒーリング臨床モニター募集中です。
nakanosan.jpg
中野さんに見ていただいた時のオーラソーマ達。

| エソテリック・ヒーリング感想 | 08:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |