FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Egyptian Licorice Mint

もう1週間も以上の前の話ですが、久々にヨギ・ティーのお言葉アップします。

フレーバーの種類は Egyptian Licorice Mint です。

これを飲んだ時は急性の胃腸炎で、2日くらい胃も腸も炎症状態で、お腹全体が熱をもっていました。
その前日に実家に帰っていたので、久しぶりに会う父からは、まるで孫が来た時のように、ありとあらゆる食べ物を食べさせてやろうという、思いやりの行き過ぎバージョン(笑)の歓迎を受けてしまったのです。
きっとこれらを全て食べれば、胃腸はやられること承知の上でしたが、あんまり無下にも断れず(^^;)

実家に帰る前の数日間は忙しかったので、インスタントものや、添加物ものが続いていたので、実家に帰らなくても、そろそろ身体があまり好ましくないものを排出したがっている頃だろうとは感じていたので、ちょうど実家のサービスを付き合いで受けるタイミングはこれで良かったんだと思います。
(変な理屈ですね~)

お腹の調子の悪い時の、私の治療方針は、「下痢止めをすぐに飲まないこと」
よほど忙しい時で、早く治す必要がある時は例外です。
しかし、下痢止めを飲むことが「治す」ことに関与しているのかどうかは今だ疑問。

胃も腸もカラッポになったところで、何を内側の粘膜に触れさせてあげようかと思った時に見つけたのが、今回のEgyptian Licorice Mint

ヨギ・ティーのティーバッグで、リコリス・ティーを経験する以前は、あまり好きではありませんでした。カナダ滞在中に初めて真っ黒なリコリスのグミを食べた時の香りが強烈だったせいもあります。
日本だと、口臭が気になるオジさん世代が、毎日、仁丹を噛んでいるのと同じ印象でした。
でもハーブティーとして味わうと、とてもマイルドな風味があって、肝臓にも良さげで、それまでの印象はガラリと変わりました。

では恒例の、今日のタグに書いてあるお言葉です。

Nature is a giver, helper, true friend and sustainer.
It is constant harmony.


もう皆わかっていることですね。
自然の恵みに感謝、です。

| 「食」たべる | 04:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Green Tea - Kyoto Mint

今日のヨギ・ティーは、Green Tea~Kyoto Mint というタイトルだ。
ラベルによると、これにはカフェインが入っているらしい(緑茶なので当然)。

これまで試したメイド・イン・アメリカのグリーンティー(緑茶)の中で、日本のものより美味しいと思ったのは、セレッシェルの Japanese Green Tea のみ(おじいさんの絵が書いているやつ)。あれは本当に日本の新茶並みのフレッシュさでした。

他のものだと大抵、緑茶と聞いて思い出すような、フレッシュな緑のお茶ではない。まるで、1シーズン使わずに放置していた後の、少し茶色くなった緑茶のような、半分、中国緑茶のような発酵気味の、古い緑茶になっている。

以前、何かの本かテレビ番組で、生粋の日本緑茶は西洋人には、ビターだと感じるらしく、そのため、日本の緑茶メーカーも、海外輸出用はわざと時間をおく期間を設けていると、小耳にしました。そのせいなのでしょうか。また"Green Tea" といって売られているものには、中国産も多いので、そういったのはやっぱり日本茶に似ているようで、どこか違う。
ま、あんまり文句は言えません、日本でも本当に美味しい日本緑茶は、美味しいコーヒーを飲むよりも高価な値段がついているのですから。

今回のヨギティーも、ブレンドを見ると、各種西洋ハーブと一緒にブレンドしていたので、案の定、飲んでみると、日本茶を飲んでいる気分になれない。ハーブティーと日本茶を混ぜたみたいな味で、中途半端な気分でした。
私が「日本茶(緑茶)が飲みたい!」と思う時、すなわち、そういう時は「フレッシュな緑の葉っぱの香り」を望んでいるから日本茶を選ぶのだけど、アメリカでいう「緑茶」では満足できずに終わってしまう。

ともあれ、ヨギティーの楽しみの1つは、いつものラベルです。
「中身はどーせ、中途半端な緑茶でしょ」と判っていながらも、今の私のムードに忠実に、このパッケージを選びました。(選ぶまでに結構時間がかかりました)。味も大切だけど、中のラベル(お言葉)も肝心です。
そして出てきた、今日のお言葉は:

"Wisdom becomes knowlwdge when it becomes your personal experience..."

うっ! これは肚(はら)にガツンと来るお言葉。
これはかなり今の私にヒットしている・・・ヨギ・ティーさん、なぜに私のことを見抜いてしまうのでしょうか、いやいや、それを選んだのは私の方だ。

メッセージ、大切に頂戴いたします。

| 「食」たべる | 02:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Yogi Tea - Breathe Deep~息をして~

今夜のヨギ・ティーは 「Breathe Deep」


今日は思わず呼吸が浅くなってしまいそうな、(ちょっぴり)ショッキングな出来事がありました。
それで今日のヨギ・ティーは迷わず Respiratory Support (呼吸器系)をチョイス。

いつものごとく、ヨギ・ティーシリーズは、ユニークなブレンドが多いので、お湯を入れる前のティーバッグの香りには「これって本当においしいのか!?」と疑わずにいられない、強烈な香りを発しています。今日のはまさにインド料理そのものの匂いでした。

でもやはり入れてみると、おいしかったです~♪

味はスパイシーなんだけど、辛みは殆どなく、リコリスのほのかな甘みが、心を落ち着かせてくれました。
今日のは、土のエネルギーがいっぱい詰まっているような印象です。
(土の味という意味ではなく、あくまでもイメージです)
呼吸が浅いのは風のエネルギーが強すぎるので、それを中和してくれるような気がします。

恒例の、今日のタグに書いてあるフレーズは・・・

" We can learn to flow with constant beauty from a brook "

なるほど、今の私には染み入るお言葉です。

毎度貴重なお言葉、ありがとうございます、ヨギ・ティーカンパニーさん。

| 「食」たべる | 02:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Kombucha !?

最近は朝晩がずいぶん過ごしやすくなってきました。

まだ暑いと思って、夏のつもりで過ごしていると、ちょっとお腹が冷えやすかったり、お肌が季節の変わり目の準備をしはじめる時期なので、油断しているとエライ目に遭うので皆さんも体調管理には十分お気をつけくださいよ~。

かくいう私も昨晩は少しクーラーの影響もあって、身体を暖めるハーブティーが欲しくなりました。
昨晩手にしたのは、例のYogi Tea。

アメリカの友人が送ってくれたものです。タグに書いてあるメッセージを読むのがいつも楽しみです。

※今日の書き込みは、おりんさんのブログの remembering Kombucha バージョンになりそうです。(笑)


kombucha.jpg

今回は、ず~っと気になっていたものの、なかなか手を出す勇気が出なかったシリーズに挑戦しました。おりんさんのブログでも紹介されていた、アメリカ版 Kombucha(昆布茶!?)です。


友人から送られてきたパッケージを開けて、このタイトルを見た時から何やら不気味な予感はしていたので放置していました。

その後、おりんさんがブログの中で Kombucha を紹介していたのを見て、更にこのハーブティーに対する「まずいかも?」疑惑が私の中で大きくなっていきました。その一方で、この出来れば避けたい Kombucha が滞留在庫として棚にいつまでも残っていることに、罪悪感を感じるようになっていきました。

毎回、この Green Tea, Kombuchaと書いてある袋を見ながら、「無理して飲んで気分が悪くなったら嫌だな・・」とか、もう見込みがないと決めつけて、飲むべきか、それとも物好きな友人に差し上げようかとか、決めかねていました。

そして決断のあげく、昨晩飲んでみました。

開封してみると、まるで クリームソーダ(メロン味)風の香りがティーバッグからにおいました。
”えっ、やっぱり!?”
一応、オーガニックだとか、Decaffeinated(カフェインフリー)とか書いてあるけど、これはどういう風にして製造したんだぁ?と、まだまだ納得いきません。

---------------------------------------------
しかも昨晩のティーバッグのタグのメッセージは

"Love is ecstasy."

kombucha2.jpg
いつもは人生観みたいな、大げさなことが書いてあることが多いので、あまりにシンプルな1行に「印刷ミス?」なんて思っちゃいました(笑)

このメッセージ、日本人的な感覚で外見だけど判断してしまうと、「イヤらしい~」なんて思う人もいるかも知れませんね。

でもきっと言葉の隠された意味は、直訳の意味だけを示しているのではなさそうです。このフレーズが疑惑つのる Kombucha のタグになっている所がクールだと思いませんか?

もともと ディカフェはあまり好きではありません。

ディカフェにする過程で大量の薬剤が使用されているからと、スターバックスで働いていた時に習ったからです。ディカフェを選ぶくらいなら、それを飲まない方がいいし、時々はカフェインを楽しむくらいのゆとりがあれば、それで食に彩りがもたらされるものだと個人的には思っています。でも、きっとニーズがあるから作られるのでしょうね。

--------------------------------------------------

話は戻って。。。
結局飲んでみると、結構いける味だったのですよ。

立ち上る香りは相変わらずクリームソーダ風なんだけど、オーガニックと謳うだけあって、添加物っぽいイヤミは確かにない。ただ、昆布茶とはかけ離れているかな。昆布もうまみ成分には甘みを感じるって点では共通しているけど…

おりんさんのブログでは 昆布ではなく「紅茶キノコ」だって書いてあったけど、なんとなく納得です。
まるで、濃い~く煮出したローズヒップに各種ハーブをブレンドしたような感じの味でした。

でも、実際には何のハーブをブレンドして、作られたのか知りたいところです。
(内容物の記載がなかった)

昨晩はなにか大きなミッションを果たしたような気分で、ハーブティーを飲み終え、ゆっくり床につくことが出来ました(^~^)

| 「食」たべる | 02:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Detox Tea

朝は久々に、アメリカの友人から送ってもらったヨギ・ティーをのみました。
(2014年追記:最近は普通に日本のお店や iHerbsなどの通販で買えるようになりましたね)

今日のは Detox Tea でした。
朝から弁当のおかずに作った唐揚げを食べてしまったので、今日の私の身体のムードには本当はフレッシュ野菜程度で良かったのですが、余ったのでこれを無理に食べた分、このデトックス・ティーで中和されるかな、といった感じでしょうか。

今日のヨギ・ティーのタグに書いていた言葉:

"May you have faith in your worth and act with wisdom."

では、今からお仕事に向かいます。


| 「食」たべる | 02:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |