FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マニュアルなんて…?

今、来年開講されるエソテリック・ヒーリング(パート3)のテキスト翻訳に従事中です。

前回わたしが生徒としてトム先生のパート3を受けた時は、翻訳は全く間に合っておらず、殆ど英語原文のまま配布されました。

(この手の分野の翻訳は本当に大変で、丁寧に仕上げようとすると時間もかかるし、それなりにエネルギーを使うものです)


ご縁があって、その当時と同じテキストを、自分が翻訳させていただくことになっている事に、少し感慨深くなっています。。


当時のことを振り返ると、
パート3の講義でトム先生は、
「テキストなんてクソくらえ」的なくらいに、

「テキストは一切見ないように」
「机に伏せて」
「手ぶらで受け取りなさい」

と言って、生徒たちを面食らわせていたのが、強く記憶に残っています。


これはまさに、スターウォーズの世界じゃないですか〜。

ヨーダ先生曰く、

『 考えるのではない、感じるのだ 』


先生はそれまで、そんな口調で言うのはあまりなかったのですが、
講師も、そして、そこに集まる生徒たちも常に進化をしていますし、
また日本でオステオパシーを教えている中で、日本人の生徒たちのマニュアル依存が強い傾向も感じておられたんだと思います。

パート3はカリキュラムの中でも、小学校を卒業したくらいの位置づけです。
そろそろ応用的なやり方を覚えていく段階に入っていることもあります。

そういう段階だからこそ、テキスト頼みはやめなさいと言っては、その直後に、生徒の私たちの目の前で、到底マネのできそうもない神業的な印象深いデモセッションをを披露されるのです。


※ちなみに、エソテリックの講師陣は、皆さんそれぞれの個性と持ち味があり、講義中に生徒にデモを見せる先生もいれば、そうではない先生もいたり、教え方のスタイルは様々です。


トム先生のデモセッションはほんの数分ですが、モデルになった生徒の中には、その短いセッションの間に、心身とエネルギーが変化するなど、大きなインパクトを受けて、新しい気づきを得る人が少なくありません。
(私もその1人)


そんな圧巻のデモを見せられたあとに、
「さぁ君たちもやってごらん」とさらっとおっしゃるのです


私「!!そんな、無茶な~!」

「ちゃんと復習もしてきてへんし〜」(←しぶとく思考にしがみついている)


当時の私は、今ほども練習してなければエネルギーの感覚にも自信がなく、
その時は本当に途方に暮れたのだけど、今となれば、いづれは、どうにかわかる時期がやってくるものだという事がわかります。

中盤以降は、そういう事を学び始める段階。


ちなみに、「感覚だけで」というのは少し語弊がありますね。

自分がやっていることを信じること、です。

自分に信頼がないうちは、どれだけ効果的な知識とテクニックを持ち込んでもただのガラクタ。。

自分でも、それをどこかでわかっているので、
「マニュアル見るな」と言われると狼狽えるのかも知れない。

(と言っても、全くの基礎の段階から「マニュアル見るな」を我流でやってしまうのも危険なことです。ここでの話は、基本的なことを学んできて一定のところまでを通過した人を前提に書いてます…)


これ、たぶんこの時に同席していた同じクラスの生徒さん達も、そうだったと思う。


テキストありき、が当たり前のワークショップに慣れてしまうと、生ぬるい学び方に落ち着いてしまう落とし穴。

それとも、テキストだけを信じて他のソースから学ぶ事をおざなりにしてしまったりとか。
(最初のヨチヨチ歩きのうちは、テキストをちゃんと理解する段階も大切ですが)

それに執着してる間は、いい仕事ができていない。

だけど、やっぱり小難しい哲学だから、
教室の現場で学んだことを客観的に、
独りでじっくり熟考するための助けとして日本語のテキストはあった方が、マニュアル依存的日本文化に慣れてしまった人間には、やっぱり嬉しいものです。


学ぶにあたっては、バランス感覚が大切ですね。

順序として、後からお膳立てされたテキストを読む事になってよかったな~としみじみ。

体験できてないことは、活字で読んだってわかりっこないんだから。

マニュアルや参考書がしっかりしていても、独学だけでは一定のレベルに到達できないし。


ここにはやはり、勘違いした理解や間違った道に反れないように導いてくださる先生・師匠の存在は欠かせません。


今、翻訳しながら、思うこと。

こんなに「くれくれモード」な未熟者の私に対し、
これまで出会った全ての先生方が、あまりにも素晴らしい人達ばかりで、とても恵まれているなぁ~と感謝の気持ちでいっぱいです。



エソテリック・ヒーリング臨床モニター募集中です。
11083638_802761469789908_8613730574834784298_n.jpg




大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


スポンサーサイト

| エネルギーワーク | 13:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エソテリック占星術の本

いよいよ来月に「秘教占星術」の翻訳本がでます。

少し前、出版待ちきれずに翻訳者である土方氏に問い合わせしたら、「もうじき出ますので、発売日がわかったらご案内を流します」と言ってくださり、待ちにまった約1ヶ月後にお知らせをいただきました\(^o^)/

来年あたりに開催予定のエソテリック(パート4)の準備のために、ジュディ先生が英語で書かれたエソテリック占星術の資料を読むのは、私にとってはかなりの覚悟だったので、日本語でも英語でも難易度が高い部類にはいる本書の邦訳本が出版されることはとても有り難く、出版までに多大な労力と時間を費やされたチームの方々にはただただ感謝あるのみです。

以前のブログにも書きましたが、占星術の素養が全くない私は、「餅は餅屋」に習え、ということで、その分野の専門の先生から伝統的占星術の基礎を学びはじめたところです。先生は、ブラヴァツキーの書籍も英語の原書で読み倒しておられるそうで(それはすごい!)、今月の講習でも、

「ブラヴァツキーの本は、難しい英語の書き方をしてて、どこに修飾語がかかっているかが判りにくい文章なんだよねぇ〜。だから、今日はもう頭がとても疲れれて授業がちゃんとまとまるかなぁ、ちょっと自信ない(笑)」

なんて言いながらも、やっぱり毎度と変わらず、聞いてても楽しくて&判りやすい講義をしてくださいました。


どこに修飾語がかかっているか判りにくい表現をしているのは、アリス・ベイリーの書籍でも同じ。先生も、わざとそのような文章に仕立てられていることを十分承知の上でお話されているようでした。

それはつまり、読み手によって、どの部分を拾うかでちょっとした解釈も変わってくる可能性も(多少は)あるということでもあります。

そういうことを見聞きすると、私自身の英語力は中途半端なんだけれども、複雑な事柄がかかれている段落は、なるべく邦訳本と英語本の両方に目を通すようにした方がいいのだろうな〜と、思えてくるのです。





| エネルギーワーク | 03:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エソテリック研修(パート3)から帰ってきました。

約2週間ほど休暇をいただき、エソテリック・ヒーリング研修の運営スタッフ兼生徒として、熱海と富士山麓の精進湖に滞在しておりました。

Judy先生はVivaxisの最後の指導者でもあるため、本題のヒーリングワークのお勉強の他にも、バイブアクシスの実習も沢山教えていただきました。おそらく日本の人達に紹介されるのはこれが初めてかと思います。条件つきの自然環境の中でしかできない事ばかりで、日本ではなかなかそのような条件を満たす土地が少ないのが難点ではありましたが、とても有意義な時間でした。

※ Vivaxis(バイブアクシス)はまだまだ不勉強な私には英語の参考文献も読み終えていないのでうまく説明できませんが、地球のミネラルや元素のエネルギーと人間の生命エネルギー(具体的にはエーテル体)との結びつきを再結合・強化させる研究分野のことです。

炭を使ったエーテル浄化は、梅田のワークルームでも不調の原因に電磁波の害が含まれていそうなクライアントさんに提供させていただいておりましたが、やはり電磁波が錯綜する都会(かつ、マンションの一室)でやるのと、大自然の電波の干渉が少ない土の上でやるのでは、身体への効果には雲泥の差がありました。

先生は、日本の住環境は(お世辞にも)暮らしやすいとは言えない要因ばかりだけど、だからこそVixaxisを役に立ててもらえれば…とおっしゃっていました。

さて、どこまで実践していけるかが私達にとっての課題です。

IMG_7985_wide-s.jpg

研修会場のホテルからは目の前にいつもこの光景!
さすが富士山!


メインのエソテリックの学習の方も、パート3まで来ると奥が深まってきて、今までよりも更に精妙なエネルギーに触れている感覚が冴えてきたように思います。また、それらを扱うための訓練もみっちり練習。

講義は「死のプロセス」を筆頭に、自分の光線タイプが第○光線であるかを分析する作業を、40年の講師歴のジュディ先生のガイドの元で確認していくこともしました。ジュディ先生は、日本の生徒との間には常に言語の壁があるにもかかわらず、とてもよく一人一人のことを見ていらっしゃることに感心しました。

初めての光線分析のメンターについていただく人がジュディ先生で良かったと思います。

余計な回り道をせずに(実際にはここまで来るのに沢山の勉強と実践を積む必要があった訳ですが・笑)、素晴らしいメンターに出会えたことに心から感謝をした研修ウィークでした。



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| エネルギーワーク | 04:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

占星術

占星術を習いはじめました。


来年とりかかる予定の翻訳資料のジャンルにエソテリック占星術が含まれるので、適切な翻訳ができるための準備として。

占星術は、私が子供の頃に、私よりも少し年上の世代の人達がティーンエイジャーの時代に、「月刊マイ・バースディ」なる占い雑誌が流行ってたりもして、そんな時代背景もあって、もともと興味のある分野です。


仕事絡みとはいえ、この分野に辿り着いたのも、何かひと通りのことをあれこれとやり終えて、元の原点に一巡してきたような懐かしい感覚を覚える事が近頃特に増えてきました。


エソテリック占星術は、一般的な西洋占星術の基礎知識がないと理解が難しいそうですが、日本語の文献はないから、自分で英語を読めるようになっておきたいというのもあります。ロルフィングを学ぶのに、英語が必要だったのと同じように、占星術を学ぶ人もきちんとした情報を入手するためには、英語は必須で、英語が苦手な人は大変ご苦労されているみたいですね。


そんな訳で、全く占星術の知識がない私にとっては、この分野は1から(いえ、マイナスから)のスタートです。


身体の「健全」を追求しながらの学びが進んだら、こんなジャンルにまで着手することになったのかぁーという感じ。

エソテリック占星術が(普通の占星術に慣れた人には特に)難しいという事ですが、そもそも
一般的な西洋(現代)占星術を学ぶのだって、十分大変で時間のかかる話だと知りつつも、目下のニーズがはっきりしているため、それらの両方を絡めて日本語で教えてくれる先生を探しました。(餅は餅屋に)

先生が超マニアックで、確かに多くの人があまり見ない分野を研究している専門家だけあるなぁという教えっぷり。久しぶりに学ぶことの楽しさを感じてます。

学生時代の予備校や塾の名物先生の授業が面白いのと同じようなワクワクする話術。そして何よりも、密度の濃い講義が通訳を介さず日本語で聞くのが久しぶりで、頭がシンプルに活動できた気分♪


ロルフィングを学び出した頃から、自分が学びたい事やジャンルは、日本の近所で手の届く範囲の所には無いという感覚だけがやたら残っているので、国内に居て、身近に物事の原理から教えようとする先生や学び場に出会えると、やたら大げさに小躍りしてしまうところではあります。

初心者なのにこの切り口から学ぶのも何かご縁がありそうです(笑)

学びオタクばかりじゃなくて、いづれセッションにも活かせるようになれたらいいな♪と思っています(^_^)

フリクションのペン、全色揃えるぞー。

20141004000859c74.jpg


| エネルギーワーク | 00:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウエサク祭

今日はウエサク祭です。
ルーシス・トラストから2014年のウエサク祭の紹介動画が公開されていました。

日本での満月は、5/15 am4:17なので、鞍馬寺でのウエサク祭は5月14日に行われるそうです。
瞑想をするなら満月が来るより前の時間帯がよいそうです。



(エソテリックを学んでいる方には注目ポイントかも)
動画の中で、12:03〜大祈願の英語版、13:43〜地球の5大センター(ロンドン、ジュネーブ、ダージリン、東京、ニューヨーク)の満月時刻が表示されます。

私がエソテリックを学んでいるジュディ先生もトム先生も、グループで瞑想を行うこと(瞑想でなくても何か活動すること)についてお話をされます(○○先生が言った、というより、アリス・ベイリーの教えに含まれているからですけど)。学び始めて3年目にして、このことの意味が判ってきました。

ウエサク祭は日本だと鞍馬寺のイベントだとか、鞍馬山は臼井甕男さんがレイキを習得した場所として有名なのは知ってたけど、まさかアリス・ベイリーのエソテリックを学ぶ秘教徒にとってもゆかりの深いものだとは、きちんと学んでみるまで知りませんでした。鞍馬寺の本尊である「魔王尊」はエソテリックではおなじみの「サナット・クマラ」さんの事だったんですね。

とても丁寧な解説をされているブログを見かけました。
私自身の後学も兼ねて、こちらにリンクさせていただきます。

ウエサク祭とは?
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-3061.html
続・ウエサク祭とは?
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-47f9.html

ウエサク祭 京都鞍馬寺 五月満月祭
参拝心得、自分で行う方法などもまとめてくださっています。
http://enlt.jp/ps/Wesak/

ルーシス・トラストのHPには、ウエサク祭の手引書も載っています(英語)
http://www.lucistrust.org/en/meetings_and_events/three_major_spiritual_festivals/the_wesak_festival


実は2010年にも、私はウエサク祭のことを話題にブログを書いていました。
当時の記事を読むと、ウエサク祭についての知識も関心の度合いもアッサリしたものだったのがよく判ります(笑)
http://easeofbeing.blog101.fc2.com/blog-entry-143.html

その日は、めぐみんちゃんの開業記念日でもあったのね〜 ^^

<追記>
当日の叡山電鉄のツイッターによると、

『鞍馬寺 五月祭(ウエサクさい)は、本日5/14(水)に執り行われます。今年は、昨年までと違い一部に「きよめ」「めざめ」「いのり」の要素をまとめられたとのことです。従前までの二部、三部はなく、祭儀(午後10時頃に全て終了)は深夜に及ぶことはありませんのでご注意ください。』

『沿線情報。鞍馬寺 五月祭(ウエサクさい)情報その2 本日5/14(水)に執り行わる鞍馬寺 五月祭(ウエサクさい)。昨年までと違い午後10時頃に全ての祭儀が終了いたします。そのため、控室の利用や本坊を開放しないそうです。その点、ご注意ください。』



今年は一般の観光客が年々増加していることもあって、1部だけで終了するそうです。せっかくだから一度現地を訪れようかと思ったのですが、人混みと終電に帰れないリスクも考慮して今年は諦めました。

グループで寄り集まって瞑想する体験も面白そうだけど、それは必ずしもその場所に集まるということだけを差しているのではない。という事が、ワークショップでの実践を通じて身に付いてきました。

自宅で1人で瞑想をしててもそれは出来るんですよね。

ジュディ先生からは、『普段から瞑想の時間を持ち、長く続けなさい(そうすることで色んな事が見えてくる)』と言われていますが、つい日常の雑用に埋もれてスキップしがちです・・・(^^;)

なので、こんな日くらいは、丁寧に時間を過ごすことをやってみようかな〜と思います。

| エネルギーワーク | 04:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

研修から帰ってきました

エソテリック・ヒーリングの研修が終わり、いつもの日常に戻ってから1週間ほどが経ちました。

川崎で4日間、京都で4日間の計8日間にわたる、濃くて深い学びの日々でした。

エソテリック・ヒーリングが何たるか、については、兼ねてから私のような学び始めの生徒には、説明できる言葉もないなと思っていましたが、この道40年超えの本格的な先生からみっちり仕込んでいただいてみると、正しく理解して人に伝えるまでに相当な学びは必要であることが肌身でわかってきました。

ひとまずは、物事の学び方や自分の在り方についての新しい局面を踏み出した感じ。

新しい局面に出たと思える感覚は、ロルフィングを学び始めた頃のような、毎日が新鮮な発見とワクワクさに満ちた感じにも近い。

今まで学んできた色々なセラピーやボディーワークに登場してきた、人間の健康や存在についての概念を集大成したような、その根幹にある哲学を学ぶコースにようやく出会えたのだと思います。人間の真の「健康」のために良かれと思う情報を追求してきた結果、こういう分野にまで学びの触手を広げることになったのね〜、と我ながら思います。

あまりにも広いジャンルをカバーしているので、たぶん一生学び続けることになりそうな気もします。

アリス・ベイリーの著書の翻訳本を手がけてくださっている AABライブラリーさんのサイトには、このように説明されています。

『アリス・ベイリーが1919年から約30年間に執筆した「秘教(エソテリシズム)」と呼ばれる24冊の著作、それは「エネルギーの科学」とも呼ばれ、物理的および心理的な現象の背後で相互に作用し合う様々なエネルギーの働きに関する科学です。内容はある意味では専門的ですが、別の視点から見れば極めて一般的なもので、心理学、哲学、宗教、医学、政治、教育などあらゆる分野を網羅するものです。』



テクニック集を学ぶものではなく、どんなセラピーや治療にも共通する「健全な存在」の哲学を学ぶものなので、セッションの現場では、特別新しいメニューが増える訳でもありませんが、手の感触が明らかに変化しつつあります。肉体にある筋膜が何層かに別れているのを触察するのと同じように、奥行きを捉える感覚が広がったようです。

その人の心身の不調や病気の表面に見えているものを癒すだけではなく、その元の病気の原因を見つけるために、どんな角度からでも考慮して人を観るための知識が系統立てて教えられている印象です。

この中には表立って書かれてませんが、人のタイプを見分ける方法や、人種や地域などの属性からくる性質、占星術との関係性、などもお勉強の対象に入ってくるようです。

研修の方は、前回のブログで俗っぽく書いてしまった「ハリーポッターの魔術学校」で言うならば、今は「入学式を終えた」段階だと思います。


今回の主任講師、ジュディ・ジャッカ先生は、御歳75歳にして初来日。
私達にアリス・ベイリーの教えを正統に教授するというミッションのためだけに来てくださったので、滞在中も目立った観光や余暇を過ごすことなく、研修期間を終えたらすぐに帰国されました。

eso-judy

映画ロード・オブ・ザ・リングに登場するガンダロフ爺さんの女性版、もしくは、魔女の宅急便のキキがそのままお婆ちゃんになったらこうだろうな〜というようなお方でした。奉仕の精神を空気を吸うのと同じ感覚で実践されている方と直接交流させていただくのは私には珍しいことで、こんなにご高齢なのに、英語が通じなければ文化も違う国に飛び込んで来てくださった勇敢さに感謝あるのみです。

先生達はオージー英語を話されるので、私のなんちゃってアメリカン英語では対応できず、慣れてきた頃にお別れ、次回はもう少し先生に居心地のよさを感じていただけるようにしたいと思います。

また今回は、アリス・ベイリー設立のルーシス・トラスト(研究機関)からの提案もあり、ジュディ先生の初来日に際し、アリス・ベイリーに興味を持つ一般の方々向けの講演会も開催されました。同機関が直接関与したイベントが日本で開催されるのは初めてのことなんだそうで、今後、日本でもこの分野に関心をもつ人達が増えてくるのはそう遠くないような気がします。

eso-helen

写真左がジュディ先生。写真右はアシスタント講師のヘレン先生、そしてロルファー仲間のリョウさん。


今夏には、再びトム先生からパート3も学び、秋にはジュディ先生がお元気で来日されるのに備えます。



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| エネルギーワーク | 02:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

研修のためお休みします(3月後半)

【休暇のお知らせ】

3月20日~3月30日までの間、エソテリック・ヒーリング(秘教治療)研修のため休業させていただきます。

エソテリック・ヒーリングに関しては、2012年以降〜、私のクレニオセイクラル・バイオダイナミクスの師匠でもある、オステオパス医のトム・シェーバー師のもとエソテリックを学び始め、研鑽して参りましたが、さらに人間の健康について洞察を深めるべく、今季から正式なトレーニングコースで学び始めることになりました。

こんな研修です。
エソテリック・ヒーリング(秘教治療)ワークショップ

今回、オーストラリアから来日されるジュディ・ジャッカ先生は、熟練のナチュロパス(自然療法家)であり、オーストラリアの歴史ある自然療法の専門学校でも校長先生を務めるなど、指導者としてのキャリアも長い治療家です。
アリス・ベイリー女史によって伝えられたエソテリック・ヒーリングの探求者、指導者としてのキャリアは40年以上だとか、ついこの数年の間に学びだした私などは足元にも及びません。

現在、クラス開講に向けて、翻訳資料の準備をお手伝いさせていただいているのですが、ジュディ先生の教える内容の濃さは、実践・理論とも、今までの中では半端なく濃そうです。正式なトレーニングコースだから課題の提出などもあって、半端なく難しいのは当然なのでしょうが、(自分はついていけるのだろうか…)と実はドキドキ・・

トム・シェーバー師曰く、
「ジュディ先生のエソテリックに関する知識や理論の濃さは、自分が教える3倍くらいはある」とおっしゃる通り、資料のボリュームからしても、かなり専門的に教えていただけるようです。

エソテリック講義以外にも、彼女の自然療法家としての知識や経験の小ワザ大ワザも教えていただけるようで、そのカリキュラム構成からして、まるで、映画ハリーポッターの「ホグワーツ魔法魔術学校」に本格的に入学するかのような気分になっております(笑)
※そんな俗っぽい例えに置き替えて失礼なことになってなければ良いのですが…(^^;)

ロルフィングやクレニオセイクラルを学んだことも、私にとっては、たいてい大学以来の専門学校に入学したくらいの大きなイベントではありますが、今回のジュディ先生からの学びも、かなり本格的に専門学校に入学するくらいの人生のイベントになる予感がしています。数日間のワークショップでは習得できない何かがあるのだろうと、生涯学習的に、少し腰を据えて取り組めればと思っています。

本来、英語がペラペーラな上で海外に行かなければ学べない分野が、日本で通訳つきで学べる機会があることは本当に有り難いことだと感謝の念に耐えません。英語での論文提出が悩ましいところですが。

ジュディ先生、お会いしていないのでどんな方はわかりませんが、資料の内容を見ているだけでも、お会いするのが今からとても楽しみです o(^-^)o

肉体で起こっていることも、肉体を超えたところから肉体に影響していることも、より深く扱えるよう、自分自身の感性と手の質を高めたいと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。

※ 3月の不在中はご迷惑をおかけしますが、4月以降からのご予約はメールでも承っております。





大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| エネルギーワーク | 17:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

量子テレポーション?

量子関連の面白い記事を見つけましたのでシェアします。


ハンズオフ(手を直接触れない)で行う、エネルギーワークや遠隔ヒーリングで起きている事を物理的に説明できる可能性があるとすれば、今のところ、この分野になりそうな気がします。

もちろん、ハンズオン(手で触れて行う)でも、直接的な手技で効果を与えてるのと同時に、生理的(肉体内)やエネルギー的(肉体を超えた領域)でも反応が起こっています。触れて行う、あるいは離れていても、温度など私たちが五感で体感できるアプローチだけで変化が起こっているという訳ではない、という事は、物理的介入だけに依存しないボディワーカーであれば、周知の事実です。

物理学、生理学、化学などの世界で、可視でき定義づけて証明されている事だけが全てではない、ということが、これからの技術の向上(しいては、そういった研究に関わる人達の意識の向上)によって、明らかにされていくのは、大変興味深いし、楽しみです。

それでもやはり、人間の身体は物質的な肉体レベルでも、健やかな状態で使えてナンボ、だとは思いますが(^-^)


(引用元:YOMIURI ONLINE 2013年8月15日掲載記事)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130815-OYT1T00283.htm

東京大の古澤明教授らの研究チームが、光の粒子に乗せた情報をほかの場所に転送する完全な「量子テレポーテーション」に世界で初めて成功したと発表した。



『量子テレポーション』については、Nikonのホームページでもわかりやすく解説されています。

量子学って、真面目に本を読むのは私には難しすぎるのでこういった親切な解説はありがたいです(^_^)

Nikon | 光と人の物語 | 双子の光と量子テレポーション
http://www.nikon.co.jp/channel/light/chap04/sec02/#section3





大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| エネルギーワーク | 16:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT