FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

報告:ロルフムーブメントWS in IYC大阪

昨日は、ロルフムーブメントの出張ワークショップでした。

P1030831-642x481.jpg


どんな様子かは、IYC大阪(池田プライベートサロン)の岡本勝則(かっさん)先生が写真を載せてくださっています。

IYC大阪(池田プライベートサロン)のブログ
http://iyc-osaka.com/?p=1560


少人数でやるワークショップの良さ、ありますねぇ〜。
特に繊細な感覚を用いたエクササイズの場合は。

私はどちらかというと、いつもは誰かのアシスタントでいる立ち位置に慣れているし、自分がカメラマンになることの方が多いので、今回、被写体でいることが落ち着かず…。(この役割、ロルファーになる前の会社員の時でも、それよりもっと昔の幼い頃からでも、人生の中で一番馴染んだ立ち位置なので、どれだけ場数をこなしても慣れた気がしないのです・笑)


そんな私を穏やかに受け入れてくださる場所でただただ感謝です(^-^)


IYC大阪の池田プライベートサロンのスタジオは、部屋全体が自然素材で建築された空間で、五感やイメージを使ってのエクササイズには理想的な空間でした(柔らかい当たりの杉のフローリングや漆喰、ふんだんに差し込んでくる自然光…)。いい感じでした。

P10308681.jpg


ご参加の皆さまは、ロルフィングの「ロ」の字も知らない(インターネットなどで下調べもしていない)状態で参加された方ばかりだったので、頭で情報を仕入れるよりも前に(先入観がなく)身体感覚でロルフィングの要点を学んでいただけるって提供する側としては嬉しい限りです。


今回は、繊細な感覚(五感やイメージ、意識)を用いたエクササイズが中心だったので、丁寧にご紹介しようと思うと、2時間のクラスではせいぜい2〜3個のエクササイズで丁度よいくらいでした。


ある部位だけのワークでも全身に変化を感じやすいため、あまり沢山の情報提供は時に参加者の身体のバランスが崩れるといったことにもなりかねず、2時間が終わる頃には、ある程度身体がまとまってお帰りになられるよう出来るだけ配慮して内容構成を決めるよう心がけています。


これからも引き続き、企画をさせていただきたいと思います。


大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| セミナー&ワークショップ | 22:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カオリ先生のヴィンヤサ・フローWS

ちょくちょくお世話になっているOM yoga の カオリ先生の素敵なワークショップが開催されますのでこちらでもご案内★

リカコ&カオリによるコラボレーション第一弾!
2012年11月24日(土)開催
ヴィンヤサ・フロー・ワークショップ大阪(2012年11月)
※クリックすると詳細ページにジャンプします



アメリカのヨガスタジオの匂い(雰囲気)が日本に居ながら体験できちゃうクラスです♪

私自身は、初めてヴィンヤサ・スタイルのヨガを体験したのがアメリカでした。
当時はヨガの種類とか流派みたいなものも殆ど知らず、クラス名の"Vinyasa Flow" という単語を辞書で引いてもよく判らないまま、教室に通ってました(笑)数年後にシンディ先生のViniyasaを受けた時は懐かしい〜&heart-warmingな感覚でいっぱいになったのを今でもよく覚えてます。

波に乗りたい人、どうぞ〜。
ポーズが出来る出来ないよりも、波に乗ったモン勝ちです★



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| セミナー&ワークショップ | 02:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

WS:身体の「繋がり」を感じよう!ロルフムーブメントWS

ロルフムーブメント・ワークショップ
テーマ:身体の「繋がり」を感じよう!


<第1回目> 11/10:身体の「繋がり」を感じよう!(下半身編)
→満席になりました (9/26現在)
<第2回目> 12/ 9:身体の「繋がり」を感じよう!(上半身編)
→満席になりました(9/27現在)

※キャンセル待ちや追加開催をご希望の方はお気軽にお問い合せください。

[12/13追記]
1回目(下半身編)終了のご報告→こちら
2回目(上半身編)終了のご報告&ご感想→こちら






〜ロルフィング®流 楽な立ち方・座り方も学べます〜

日常生活でお馴染みの「座る」「立つ」動作を見直しながら、身体に負担をかけない姿勢や動きのために知っておきたいこと、自分のからだの歪みや癖に気づき自己調整するコツを2回に分けてお伝えします。

私達のからだは常に動いています。座り姿勢・立ち姿勢で見た目に静止をしている時でも、常に重力と摩擦がない場所を探して、身体の各パーツが連携して繋がり、一連の流れをもって繊細な動きをし続けています。知覚とイメージを使ったエクササイズを通じて、その機能を再確認し、居心地よいカラダを取り戻しましょう。

単発でも受講できますが、2回目は1回目の内容をふまえて進行します。2回通しで受講されると、全身を通しての身体の繋がりや歩き方への理解を深めていただけます。

肩コリや腰痛、姿勢をよくしたい方、ヨガやピラティスの実践者(特に、正しいアライメントを見つけるのが苦手な人)、動きの質を向上させたい人、介護ケアに従事されている人やボディワーカーなど、カラダと繋がりたい全ての人にオススメです。


講 義 内 容




<第1回目>  11月10日(土) 14:00〜16:00(2時間)
* 身体の「繋がり」を感じる(下半身編)

骨盤の安定と地面からサポートを得る感覚、グラウンディングの感覚を学びます。
 <トピック例>
  ・骨盤の解剖、ニュートラルな位置と動きを知る。
  ・骨盤底の活性化
  ・股関節から膝・足裏への繋がり
  ・足裏の活性化、内転筋/外転筋バランス。
  ・楽な座り方、椅子からの立ち上がり方
  ・立ち姿勢で身体の緊張をゆるめる方法(1) 


<第2回目>  12月9日(日)14:00〜16:00(2時間)
*身体の「繋がり」を感じよう!(上半身編)

下半身からのサポートを通じて、コアを解放させ、肩や手が自由に動ける感覚を学びます。
 <トピック例>
  ・肩甲骨や鎖骨の解剖、動きを知る。
  ・肩〜腕・手への繋がり
  ・手のひらの活性化、前鋸筋の活性化
  ・外界との接触ツールとしての手。
   (座り姿勢、立ち姿勢で楽に腕や手を使うコツ)
  ・胸の中心(ハート)を開く。
  ・立ち姿勢で身体の緊張をゆるめる方法(2)

※ 内容や進行は、参加者の理解やニーズに合わせて変更することがあります。
※ 事前にロルフィングについて説明をお読みいただいていると内容の理解がスムーズです。
 参考サイト: ロルフィングスペース ease of being




開 催 要 項




【日程】
   第1回目 2012年11月10日(土)14:00〜16:00
   第2回目 2012年12月 9日(日)14:00〜16:00

【場所】 forestaヨガスタジオ フォレスタ
     大阪市中央区平野町2-5-14 FUKU BLD.三休橋401
     http://www.yogaforesta.com/map.html

【持ち物】 軽い運動ができる格好、フェイスタオル
    (必要な人は)筆記道具、飲料水
     ※激しい運動のようなことはしません。

【参加費】 4500円(事前振込、詳細はお申込み後にご連絡いたします)

【定員】 6名 ※最低催行人数(開催日3日前まで)4名

【講師】 宮本貴代(米国Rolf Institute公認ロルファー)

【申込方法】
 下記のURLリンクにある申込フォームからお申し込みください。折り返し、入金方法のご案内メールをお送りします。入金完了をもちまして参加の確定とさせていただきます。

申込フォームへGO



【キャンセルについて】

 以下のキャンセル料を頂戴いたします。ご了承ください。
 * 開催日から10日前までのキャンセル→0%
 * 開催日から9〜3日前でのキャンセル→60%
 * 開催日の前日・当日のキャンセル→100%

【留意事項】
※ 以下に該当する方は、受講にあたって注意が必要です。事前にご相談ください。
 ・現在も痛みやしびれがあるような椎間板障害をお持ちの方
 ・完治していないケガや骨折、ムチウチ、捻挫のある方
 ・感染症のある方
 ・妊娠中の方
 ・動脈瘤や骨粗鬆症、リューマチ性の関節炎など、医師から運動を制限されている方

※ 整形外科、心療内科・精神科の治療中、投薬中の方はご遠慮いただいております。

※ この講座では、見た目の審美に主眼をおいた(マナー講座のような)座り方・立ち方は扱いません。とはいえ、職業柄や状況によってはTPOに合わせた「ポーズ」を必要とされる場面は沢山あります。そんなニーズをお持ちの方でも、身体主体の座り方・立ち方を体験することでより優雅な所作への理解を深めていただけます。


【講師プロフィール】
宮本貴代(みやもとたかよ)米国Rolf Institue公認ロルファー。気持ちのいいカラダのありようを求めて、1998年から各種ボディワークやセラピーを学びはじめる。アロマサロン勤務を通して、単なるリラクゼーションとしてのマッサージや、その時の痛みや制限を緩和させるだけのセラピーの限界を感じはじめた矢先にロルフィングと出会う。重力との調和を重視するロルフィングを受け、自分の心身の状態に自立的であることが本来の健康を保つことを実感。2005年米国コロラド州ボールダーに渡米、ロルファーとして認定される。現在は、大阪・梅田でロルフィングの個人セッションと提供するほか、近年は、オステオパシー医のトム・シェーバー博士に師事(バイオダイナミクス系のクレニオセイクラル)より繊細なタッチを実践に取り入れている。からだの声を聴くことの奥深さ・楽しさを大切にしている。


【主催・お問い合せ先】
 ロルフィングスペース ease of being
 宮本貴代(米国Rolf Institute®公認ロルファー)
 メール:rolfer★rg8.so-net.ne.jp(★を@に変えて下さい)
 電話:090-2193-9489



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。


| セミナー&ワークショップ | 00:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ご報告】ロルフィング流「身体感覚でからだを学ぶ」ワークショップ終了!

【ご報告】
FACEBOOKで報告したあと、ブログでの報告がすっかり遅れておりました…(汗)


7月21〜22日開催の、ロルフィング流「身体感覚でからだを学ぶ」ワークショップ、無事終了しました

OSAWS_2012_s.jpg

↑ ↑ ↑
<ワークショップ光景>
周辺視野と呼吸に感覚を向けながら、骨盤底を丁寧に感じています〜。




今回は、講師、扇谷さんの教える内容もリニューアル!
解剖学の紙資料も配布せず、参加者自身が自分の身体で動いてみて、無駄な力を手放すときに本来の自然な姿勢や動きが生まれることを感じていく・・という切り口で進行。その「動き」もメカニカル一辺倒ではなく呼吸に合わせて繊細に感じ&繋げていくという、普段のWSよりも更に「ロルフィングらしさ」を追求する内容で展開されました。

声のクラスでは、講師の扇谷孝太郎さんが誰よりも「水を得た魚」のようでした(^-^) ロルファー歴よりも長い、孝太郎さんの原点でもある、演出家・故竹内敏晴氏の「からだとことばのレッスン」の世界も体験できちゃうという、なんとも贅沢なワークショップになりました。

参加者の半数以上は私のクライアント周辺やロルファー仲間で、ロルフィングを初めて知るという方はほんの数名でしたが、既に10シリーズを受けた人もそうでない人、どんな立場の人であれ、ロルフィング的な発想を必要としている人にこそ受講していただけたように思います。

最初は「ロルフィング」そのもので宣伝するという無謀な試みで、催行人数が集まるのかと心配しましたが、色んな方々のサポートにより開催が実現できて本当に良かったです。ロルフィング自体の認知度はまだまだ低いですが、ニーズがあることを再確認することができました。

参加者の皆さま、今回の試みを快く引き受けてくださった講師の扇谷孝太郎さん、本当にありがとうございました。

そして、今回改めて実感したのは、会場だったクロニックスチューデンツ天満橋スタジオの居心地の良さ

普段は数名のボディワーカー達の個人セッションのスタジオですが、身体にまつわるイベント会場としても利用されています。色々な人達の出入りにオープンな雰囲気が常にあるのですが、今回は自分がホストの立場になってみると、より強くそれを感じます。

ボディワークの垣根を超えて、色んなジャンル人達の出会いと学びの場所となれば…というオーナー達の思いがそのまま空間のエネルギーにも反映されています。それはきっとこの場所を初めて訪れる人にも伝わっているような気がしました。

ここはまるで、ドラクエの「ルイーダの酒場」のようです(マニアックですみません・笑)
ご協力いただいたロルファー仲間の幸田さん&聖子さんにも感謝の2日間でした

ご来場いただた皆さま、ありがとうございました!


【ご案内】
扇谷孝太郎さんのワークショップを大阪でも受けてみたい!という方、ワークショップが開催できる人数の見込みがあれば、またこのような企画を実施させていただきますので、宮本までお問い合わせください★




※今回のワークショップの告知ページ(ご参考)
http://easeofbeing.blog101.fc2.com/blog-entry-224.html

| セミナー&ワークショップ | 01:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本ロルフィング協会WS(第2回:足)

‎9月29日、日本ロルフィング協会主催のロルフィングワークショップが開催されます。

第2回目のテーマは「足」
足のことだけを考えたり、動いたり、感じたりで過ごす2時間って、とても贅沢な時間ですよ。普段、1日24時間を繰り返す毎日で、どれだけの人が足に注目を置いてることでしょうか。

足を無視して、腰が痛い、肩が凝る〜とか言ってる人!
はっきり言って本末転倒でしょう(^-^)
足元(土台)に気づくことで、効率よく快適な身体に近づきましょう。

ご参加、お待ちしております (^-^)

あっと!開催地は東京です(申し訳ありません…)
地方の人は、すみませんが、お近くのロルファーまでお声をかけてくださいませ〜(^_^)/

詳しくは、FACEBOOKページでご案内しています。
https://www.facebook.com/rolfingworkshop/posts/265023340275248
(FACEBOOKはアカウントを持ってない人でも閲覧できますので安心してクリックしてください)

| セミナー&ワークショップ | 00:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロルフィング®流「身体感覚でからだを学ぶ」ワークショップ

[7/19更新]
申込期限を 7月18日(水)を過ぎましたが、まだ空席がありますので、前日ギリギリまで申込受付させていただきます。直前なので、申込フォームへの送信に加えて、お電話でもご一報いただけると確実です。どうぞよろしくお願いいたします。


こんにちは。ロルファーの宮本です。
皆さま、いかがお過ごしですか?

気象庁によると今年の夏は暑いと予想されていますが、今のうちに暑さにバテない身体を準備しておきたいですね。効果的な体力アップのためには、その土台となる身体の姿勢バランスも大切です。

7月に大阪でロルフィング®ワークショップを開催します!

今回は、私の先輩ロルファー扇谷孝太郎さんを大阪にお招きし、ロルフィング未経験の人にも、既に10シリーズを受け終わった人にも楽しんでいただける充実の内容を2日間でご紹介します。

肩こりや腰痛でお困りの方から、特定のアクティビティをされている方、ヨガやダンスのインストラクターや理学療法士など身体の動きを指導されている方まで、どんなニーズをお持ちの方でも、まずは自分の身体でバランスが良い姿勢や動きがどういうものなのかを身体で感じられることは、日常生活を快適に過ごす、あるいはパフォーマンス向上の秘訣です。

このワークショップでは、繊細な動きと気づきを用いて身体に働きかけるアプローチを体験しながら、身体の構造と機能を、頭ではなく、身体感覚で学び&感じるコツをお伝えします。特別企画として「声」をテーマにした内容も取り上げます。 また参加者同士がペアで行うエクササイズもいくつか行います。

6月18日までの入金には早割価格を適用します。
どの講座も、参加者のニーズに合わせてお選びいただけますが、2日間(3部作)通しで受けると全身の繋がりを万遍なく感じていただけるように構成されています。もちろん単発でのご参加も歓迎します♪



開 催 概 要



<7月21日(土)>

●第1部「ムーブメントで体験する10シリーズ」
 【時間】14:00~18:00(4時間)
 【料金】14,000円(早割 13,000円)
 【定員】16人
 【対象】身体に興味がある人(※注1参照)

<7月22日(日)>

●第2部「動いて、感じて、学ぶ、骨盤&股関節」
 【時間】11:00~13:00(2時間)
 【料金】7,000円(早割 6,000円)
 【定員】16人
 【対象】身体に興味がある人(※注1参照)

●第3部 「からだを耕し、豊かな声を生む!」
 【時間】15:00~17:00(2時間)
 【料金】7,000円(早割 6,000円)
 【定員】16人
 【対象】身体に興味ある人。また、伸びやかな発声ができる身体の状態を知りたい方。演劇の役者、ナレーター、会議やプレゼンの場で楽に声を出したい会社員の方などにもオススメです。プロ・アマ不問。(※注1注2参照)


より詳しい講座内容はPDFでご確認いただけます→pdf(印刷用チラシ)

(注1)以下に該当する方は、受講にあたって注意が必要です。事前にご相談ください。
 ・現在も痛みやしびれがあるような椎間板障害をお持ちの方
 ・完治していないケガや骨折、ムチウチ、捻挫のある方
 ・感染症のある方
 ・妊娠中の方
 ・動脈瘤や骨粗鬆症、リューマチ性の関節炎など、医師から運動を制限されている方
 現在、心療内科・精神科の治療中、投薬中の方はご遠慮いただいております。
 その他激しい運動はありませんが、ご自身の身体に不安がある方は事前にご相談ください。
(注2)声をテーマにしているため、複数の参加者の中で大きい声を出すことに抵抗がない方。


【講師プロフィール】
扇谷孝太郎:米国Rolf Institute®公認ロルファー。フランクリンメソッド公認インストラクター。1995年より演出家竹内敏晴氏の「からだとことばのレッスン」に参加。以後、からだへの気づきを手がかりに人間の可能性がひらかれることに魅せられ、ロルファーとなる。現在、鎌倉を拠点にロルフィング® やクラニオセイクラルなどの個人セッションを行う一方、身体や声をテーマにしたワークショップを多数開催している。「歩き方講座」「ヨガ&ヨギニのための柔軟性向上WS」「からだと声のWS」『バレエ/ダンスのためのバランス&柔軟性WS』などの実践的な講座がとても判りやすいと多くの方々に好評を得ている。
http://www.rolfing-jp.comhttp://rolfing.cocolog-nifty.com/



【場所】クロニックスチューデンツ 天満橋スタジオ
    大阪市北区天満2-2-3 西孫ビル4F
【地図】http://goo.gl/maps/Gt8V
    地下鉄谷町線 天満橋駅より徒歩5分
【持ち物】動きやすい服装、筆記用具(必要な人のみ)
【早期割引】6月18日までの入金で1講座につき1000円引き。
【最小催行人数】6月30日の時点で3講座とも最低6名以上で開催。
   →開催決定となりました。引き続き、参加者を募集しています。
【キャンセルについて】
 申込後のキャンセルには開催までの日数に応じてキャンセル料が発生します。ご了承ください。

【申込方法】
  下記のURLリンクにある申込フォームからお申し込みください。受付後、折り返し手続き方法をメールにてご案討擦討い燭世泙后?
ボタン


※メール受信拒否設定をされている方は事前に設定解除をお願いします。7営業日以内に参加費を指定の口座にお振込ください。入金確認がされた時点で正式な申込が完了します。

【申込締切】6月30日(土)→7月18日(水)に延長しました。

【主催・お問い合せ先】
 ロルフィングスペース ease of being
 宮本貴代(米国Rolf Institute®公認ロルファー)
 メール:rolfer★rg8.so-net.ne.jp(★を@に変えて下さい)
 電話:090-2193-9489


※PDFファイルが見れない人は、以下をそのまま読み進めてください。

≫ 続きを読む…

| セミナー&ワークショップ | 06:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご感想)ロルフィング入門ワークショップ(第2回・足)

8月27日開催の、ロルフムーブメントのワークショップにご参加いただいた方から後日ご感想をいただきましたので、その一部をこちらでご紹介させていただきます。

(当日のワークショップのご報告はこちらに書いてます)

ワークショップの翌日以降の感想なので、既に足の変化による影響をじわじわ感じておられるご感想が多かったです。今回、実際に動いていただいたことと言えば、つま先を丁寧に感じるエクササイズのみだったのですが、足の変化がもたらす全身への影響は大きかったようですね(^-^)

以下、ご感想です。


<20代女性> ※今回が2度目の受講。

今回の「信頼をおく」というテーマ、
先週アーユルベーダでオイルマッサージを受けた時のですが、受けるうちにもっと委ねて良いんだなーとか、色々最近思いだしてた所に今回の内容は私にとってピッタリの内容でした。

これから歩いたりするとき足の裏とか信頼してるかなーとか、意識してみようって思ったら散歩も面白いです。

あと「皮膚とか溶かす」も

「足」=「信頼をおく」というテーマが目からウロコでしたが、自分の今までが正直に体に出ていて!
でも柔らかいタッチに思えるけど、緩むとさっきとは違う感じが分かったり、体ってすごいんだなーとちょっと感動しました。

時間いっぱいまで教えてくださり、本当に、ありがとうございました★



<40代男性> ※今回が2度目の受講。

足は弱点だっただけに、身体がいろいろいうことをきかず、だいぶお手数おかけしました。

足の方は、左足の側面(小指がわ)やスネの外側に筋肉痛が出ております。
いかに左がサボってたか、実感させられています。

気がついたときは、歩きをモニタリングしてますが、だいぶペタペタ感が安定してきて、楽しくなってきました。足ひれ(フィン)のイメージで歩いております。


また、次回のワークショップも楽しみにしております。
今後ともよろしくお願いします。



<40代女性> ※今回初めてのご参加。

今日のワークショップ、参加させていただきありがとうございました。
正直身体がこんなに実感するとは予想していませんでした!

帰ってさっそく、母にワークショップで教わった事をやってみました。

母の足は扁平で開帳足になっていて、痛みを常に持っています。
リウマチによるものです。
リウマチなので素人が触るのは危険かと思いましたが、母に楽になって欲しい気持ちで始めました。
結果、 変化がありました!
私同様、前足部がペタッとしました。

母はリウマチになってからこれまで『リウマチは治らない』という母自身の諦めが『足を信頼する』ことから、痛みも加わり避けざるを得なかったんだと思います。
が!この変化。
本当に嬉しいです。

再度、教えて頂きたいのですが、なぜ、足の指にこちらの指をあてがうだけで変化があるのでしょうか。身体は何をどう感知してるのでしょうか。説明を受けたと思いますがどういう回路でそうなるのか、私から母にうまく伝えられなかったので…

今日、お会い出来たことに感謝します。ありがとうございました。
また次回の開催も希望したいです。

( ↓ ↓ 2度目のメール ↓ ↓ )

続編があります。

メールのあと母と犬の散歩に出掛けました。
後ろから黙って見てると、いつも引きずった歩き方でしたのに、地面から足が上がっていました!

イケてる!

そしたら、母が『なんか足の先があったかいねんけど…』と、いつもは『痛い』『ビリビリする』と言ってたのに。

感動です。

今日はまたダルいと(薬の副作用で)寝ていますが、また、晩にやってみようと思います。



次回(第3回)は、まだ未定です。
第1回、第2回の内容が気になる方がいらっしゃいましたら別途企画いたしますので、お気軽にお声かけくださいませ★


nobiconよろしければクリック&拍手にポチッとお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ ボディワークへにほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ
 にほんブログ村



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。



| セミナー&ワークショップ | 19:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

からだを感じる・ロルフィング入門WS(足)

再掲です。

8月27日(土)「からだを感じる・ロルフィング入門」(第2回・足)はまだ空席があります。


第1回の呼吸の回にご参加でない方もご参加いただけますので、ぜひお越しください。


建築・構造物は、土台の傾きが1度でも変わると、そこから上の構造のバランスが大きく変わります。

PIza tower

かの有名な、ピサの斜塔は、現在の環境のままで、あと300年近くは今の姿を維持して立っていられるそうですが、人間の身体がピサの斜塔のようであったとしたら、地面に崩れ落ちはしなくても、重力が敵となり、かなりの部分で負荷や緊張を強いることになります。

コンクリートや石膏で補強してもヒビは入り、ある一部分はカチコチになりすぎたり、他のある部分ではいつでも脆く崩れやすい構造になっていきます。そうして徐々に、身動きの取れない腰の重いボディになっていくのです。
(注:体重の多い少ないは関係ありませんよ~・笑)

それだけ足のバランスは大事なのです

次回のからだを感じる・ロルフィング入門WSでは、 主に、つま先~膝あたりまでの動きを使って、自分以外の環境に(物、地面、空間、人)に対して「ゆだねる」「信頼をおく」ことを体験していただく予定にしています。


相変わらず、地味~なエクササイズです
でも、その分、感じ取れることは多くあるかと思います。
(予定は進行の流れによっては変わる可能性ありです)

-------
余談ですが、足と聞いて、皆さんどこを想像しましたか?

「足」です、英語でいう foot の部分。
「脚」ではありませんのでご注意を~。
「脚」以前に「足」を解放させてやってようやく、その上の部分のサポートについて扱っていける準備になります。

8月27日のワークショップは、まだ座席に空きがあります。
http://easeofbeing.blog101.fc2.com/blog-entry-193.html

ご関心あるかたは是非いらしてください。

ロルフィング的な体のゆるめ方を体験したい方にもオススメします!



大阪・梅田でロルフィング - http://easeofbeing.jp/
重力に逆らわない姿勢と動作。内側からにじみ出る心身美の探求。

| セミナー&ワークショップ | 00:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT